中華バイク・スズキGN125H奮闘記

60歳に近くなりそろそろ初老の域に達する暇はあるが銭はないしょうもない親父が激安中華バイク スズキGN125Hの中古を手に入れて終の棲家ならぬ終の相棒にすべくせっせとメンテする日々の日記です!

帰路 その5

やっと愛知県に入りましたと前回 アップしました 続きです!
雨に弱いと前評判の中華バイクスズキGN125H
ブレーキのビビリとフロントフォークのオイル漏れ以外 は以外と
問題なく走行出来ています
豊橋市内に入ります このエリアは仕事で頻繁に来ているですでに気分的には故郷に帰って来た 感じです
ここまでですでに300Kmを超えています
また自宅までには50Km以上は確実にあります
午前10時辺りなので 沼津市のネットカフェを出発してから 走行距離180Km 走行時間7時間以上(その内 休憩は2時間以上ですが)
故郷近くについた安堵感と長時間4時間以上 濡れ続けていたので
身体の疲労と寒さを癒すため 豊橋市内の銭湯に寄ることにしました

平日の午前中なので銭湯に来ている人は少ないかとおもったら
結構な 入浴客 今回の雨で相当 気温が下がったので 皆さん温まりに来たのでしょうか のんびり2時間ほど 休養して
さっ 雨の中 自宅に向かい出発!

雨の国道1号をひた走り 午後2時 自宅に到着!
走行距離360Km 走行時間14時間(その内休憩多数)
中華バイク の新古車でも製造から8年経過のバイク
十分に使えるバイクと検証出来た
燃費・・・・メーターがハッピーメーターなので正確性に欠けますが・今後のデータのため 記載


行きの電車 バス料金 4020円
帰路のバイクのガソリン代実費 1120円 やっぱり安~ッ!!
ガソリン 6.7L 走行距離360Km 燃費47Km/Lすげ~燃費!
ネットカフェ等の宿泊休憩代 5000円
色々な食事や買い食い等 3400円 単純に生きる為の必要経費? 
合計費用 13550円
バイク輸送をネットで調べると 横須賀~愛知県(西三河エリア)の個人宅配達で
21000円とあり 近年かなり送料が上がってましたね!
当然 長時間移動のため疲労や眠気 故障 ケガ 様々なトラブルなどリスクは高いですが、長くお付き合いする相棒と決めたので
今回は乗って帰りました
バイク素人や簡易修理やメンテ出来て なおかつ トラブル回避及び 最悪不動になった場合の対処が出来ない方にはお勧め出来ない
旅でした なにかの参考になればと思います!


個人間売買の場合で 中華バイク 日本製バイク 共に古いバイクで走行距離がある程度 走っている場合は2つの考え方があります
バイクの寿命は分かりませんが 10年 5万Km程度なら寿命かと
相当 パーツや整備しないとその後はいつ壊れてもおかしくないかと なので バイク輸送の業者でないとリスクが高すぎますね!
では2万Km程度 よく出ています 難しい判断ですね
初期の不具合を乗り越えて ある程度整備やパーツ交換をしていないとこの距離に達しません
特に中華バイクの場合 あたり はずれの初期不良があると聞いていいますし 過去に所有したクインッキー125cc も中華バイクでしたが いつもエンジン不調でした 更にゴム製品が傷んでガソリン漏れ等も経験しています さらに バイク屋さんでは輸入車はお断りと さげすんだ目で見られて本当に不快な気分を味わいました その当時 手に入る 中国パーツは国内になく クインキーはホンダのスペィシー125CCの劣化コピーバイクなので多少は純正パーツも流用できるとありますが、結局我慢して乗り続けました
なので中華バイクのイメージはとてもとても良くなかったです
でもクインキーは劣化コピー品で いわゆる中国バイク
でスズキの銘がある様に スズキGN125Hは スズキの国産バイクで30年ほど前に販売されていたGN125E(たぶん)をOEM生産として中国スズキで製造されていた 当時の中国においてはクオリィティの高いバイクと ネットで見ました
日本ではすでに販売終了したデザインと性能のバイクでしたが 
中国では いまだに息の長い ロングランのバイクとなり
多くのパーツや現地純正部品が手に入る 少しだけ安心できる中華バイクの評判です
スクーターでのメンテや修理等はもろくなった樹脂カバー類をいちいち外さないとならないのでとても面倒ですが
このいわゆるバイクタイプは構造がシンプルでほぼむき出しの機関
気になったらすぐにチャレンジ出来るのが魅力と感じ
現在58歳 10年乗れたとして70歳近く そのくらいの年になったらたぶん 車もバイクも降りているかもしれない年齢です
なので バイクを買うのはこれが 最終となると購入決意しました
豊かな老後は経済的に無理ですが 豊かなバイクライフはしたいなと思います
当たりはずれはある中華バイク とにあえず当たりでよかった!
これにて 検証&つーリング記事終了!


GN125H帰路の旅 その4

その4・・・・・(汗!)
1泊2日で帰路の300Kmをただただ 自宅へ乗って帰っただけのなのにいつまでも だらだらと変な?紀行文が続きます(陳謝!)


ネットカフェで十分に眠気と疲れを取って レッゴー!!
夜の街を走ります!
気温も下がって エンジン始動状態は、1発で掛かりますがアイドリングは1000回付近 軽くアクセルを回して暖気運転します
他のブログでは、GN125Hは寒さに弱く 始動性が悪い 改善策としては プラグをイリジュームプラグに変更 更に電気抵抗がすくなく安定してプラグに送るため 純正から スーパープラグコードに変更すると改善するとある
たぶん そうだろう! 原チャリ キャブ仕様のスクーターも同じ状態だった でも原チャリにはキック始動が出来たのでいくらでも踏んでエンジンは掛かっのでその様な不要な交換はしなかった
でもこのGN125Hはセルのみで始動・・・バッテリーが上がったらアウトであるし、バッテリーも貧弱そうな水を入れるタイプ う~ん これからの課題だ!
で引き渡しされた時のアイドリングは1800回くらいであった 少し高めかと思いはしたが、エンジン音も低く 振動も少な目なのでこんなものかと思った 更にヘッドライトをつけると200回くらい 下がるので丁度いいかなと・・・
(帰宅してから知ったのだが 通常では1200~1500回転が標準)
今時 珍しいチョークがあるのだが これを引くと 始動できないので よほど寒くならないと使わないのかと思われる?
事前に下調べしておいたのだが そのチョーク横に 自分でアイドリングの回転数を調整するノブがあり 暖気中のアイドリングが不安定な場合は高めに回して 始動して暖気が終えたら戻して低くするとの事だ でも これって チョークとなにが違うのだろう?
素人ではあるが 普通はキャブのこの様な調整ボルト類は触らないほうが 安心とおもっていた(後日 必要性を感じて 調整した)
さて深夜の国道1号 特に沼津市は片道3車線と広く 巡航速度も高いが 左寄りの車線でのんびり法定速度で走る・・・そう 慣らし運転が主な業務です~!
走りなれた道なので快適(少し寒かったけど)
で順調に清水区に到着! ここから例の無料高速道と化した 1号線バイパスの始まりだ!125CCでは走れない区間もありまた逆に走れる区間もあるが 法定速度+アゲアゲ速度で恐ろしいトラックや暴走アオリ車が頻発する区間 とても 非力な中華バイクが走れるはずもなく 旧1号線や市内の国道を走る
(現在 清水インターから始まるバイパス区間 工事の影響でいずれにしても125ccは 迂回路・・静岡の繁華街を抜けて藤枝へ行けと看板にあった)
本来はバイパス横の側道を通る道でしたが・・・・

深夜の静岡市内巨大な街並み・・・・と思っていたら 再開発された新静岡駅付近 ずいぶん昔に通った時にはこんな風景は無かった
時代の流れを感じる!

ここまでは何とか曇ってはいたが 雨は降らず快適!
でもだんだん小粒の雨が当たる様になり 念のため ここで雨具を
来た! その後 その判断が正しかったのが証明されたよ!

夜が明けたら 雨模様!
ここから延々と雨の中の 走行となる
中華バイクアルアルで GN125Hは雨に弱く 最悪不動になる・・・また タイヤが恐ろしく滑って転ぶ!?
そんな心配を抱えつつ かなり走行して来て 感じた事!あ
あれっ 問題なさそう 滑ら無し 止まらないし!
でもまだ帰路の半分程度の距離 まだ170Km位 残りの距離がある 慎重に・・・慎重に・・・運転する
現時点まで問題ないが 過度な負荷を掛けない様に1時間に1回か30Km程度で1回のミニ休憩を頻繁に行っている その度 バイクの状態を目視で点検する念の入れようである 
そうなんです わざわざ 遠距離を 乗って帰るのは 慣らし運転と実際に不具合が出るかなどの試乗テストも兼ねているのだ!
意外と順調に走行して島田市あたりのファミリーレストランで大休止する さすがに眠気が来て また エンジンを休ませてやらないとと思っての事だ

お腹も空いていたので きちんとモーニングを食べて 暖かいスープとホットコーヒーで体の内部から温めた!
食べたあと あ~渋滞はじまったな~と外の幹線道をボ~ッと見ていたらウトウトして気が付いたら1時間30分もの長期滞在して ちょっと恥ずかしかったが 平日の店内 お客も少なく 自分みたいな暇つぶしのお客もいて ホットした!

ここまで277Km 昨日が120Kmなのですでにそれを超える150Kmを雨の中を走行している 雨に弱いはとりあえず 大丈夫じゃネ~と思えた
また フロントフォークの油もれ 雨でよくわからなくなっているが 目視で確認 心配なのは この頃から 前輪ブレーキを掛けると明らかに制動が悪くなり 停止寸前にはキーとビビリ音が出るようになった
雨でそうなるのか ディスク盤やパットに油分が付いて ビビルのか現時点では判断できない
そうなると 雨に弱いのはこの前輪ブレーキとなるか・・・様子を見る
それよりも 想定では帰路は300Kmと踏んでいた これは過去に何度も走行して(車での話)おおむねその様な距離だった ためで 間違いなく まだ100Km近くは残りの距離があるのを経験上知っていた あ~ 遠いよ!
でも まっいいか 雨でもちょこっと観光もするぞ!と浜名湖についたあたりで 昔よく 釣りに来ていた 浜名湖 今切り口 釣り公園に来た その当時は 駐車場は無料だったが 今はゲートも出来て500円とある でも 自転車とバイクは無料と看板表示
ゲート横をすり抜けて釣り公園へ到着!

その昔し(独身の頃) 夜な夜なここに来て クロダイやスズキ 毒魚のアイゴやゴンズイなど釣っていたな でも一番の狙いは40Cmを超える 座布団カレイだった そんな昔の記憶を 蘇らせつつ 帰路の続きを続ける
で浜名湖の国道1号線 ある ホテルを見つける 昨年 娘が独立した際に最後の親子旅と この地を訪れていたのだ
その時は ある旅行会社の カニ 食べ放題 宿泊コース お一人様7800円と カニ&食べ放題にしては激安であった
最後の旅としては思い出深く その 宿泊したホテルで停車すると
なにから工事をしている よくよく看板等を見ると 廃業している様子  まだそれほど時間は経過していないのに・・時の流れは速いのを実感した!

思い出とおさらばして 浜名湖を過ぎ 潮見坂を超えて いよいよ
愛知県に突入! 
またもつづく (ゴメンね 一気に記事書けないのよ!)

藤沢市~沼津市 帰路 その3



前回の続きの記事!

藤沢市のファミリーレストランで 中華バイクアルアル6を経験して ガックシしましたが 帰路の旅は続きます
ここから小田原市までは国道1号で単調ではありますが 気分よく走ります
計画では この小田原市あたりでホテルで1泊を計画していました
帰路の総距離は予想300Kmでしたので 無理をすれば日帰りも可能です ただし 車で高速使って300Km もしくは車で静岡間のバイパスを使い深夜帯なら 帰宅は可能ですし なんどもその様な強行軍を軽トラでは経験しています
でも125CCの非力なバイク しかも静岡間のバイパスは使えない下道一般道で300Kmでは15時間以上掛かる予想でしたので 深夜バスで来たので寝不足です
しかも 製造から8年も経過した 中華バイク どんな爆弾抱えているか不明の為、初日にいろんな意味でリスクが高い夜の走行はしたくないのが本音で 昼間の国道1号なら なにか重大なトラブルが起きてもJAFなど呼んで バイク屋で修理や最悪一時 駐車して自宅に戻り バイクを積載できる 私の軽トラで来ることも可能ですし リスクも低いと判断してのことです
で出発前にパソコンで3件ほど小田原市付近で宿の情報をみていました でさっそく電話してみると なんと・・・3件共にお宿が満杯・・・?? 予定が狂いました
スマホを所有していない初老のおやじ ネットで調べることも出来ず ではと 公衆電話探すも なかなか無い! あってもなんと電話帳がなく 調べる事が出来なかったのです
仕方がないので 次の大きな都市である 沼津市まで 明るいうちに走ろうと決意! また 天下の箱根越えもあるので はたして非力な125CCで無事 峠を越えられるかも含めて慎重に走ります
箱根で一番の心配事は 中華バイクアルアルのタイヤが滑ってこける!?です
速度が上がらないのぼりは大丈夫でしょうが 下りは結構なスピードが出るのが予想されるし なにより 1車線しかないため 後続の車のアオリも想定されます
なので昼間に通り抜けるのは トラブル防止の上でも重要と判断して決意しました
箱根のふもと となる 小田原市内で1時間の休憩して体力とバイクを十分に休ませます
で国道1号 箱根超えスタート 観光客でにぎやかな 箱根湯本を過ぎ だんだん 温泉地に入ります
この辺りまで交通量は多いですが 観光客の車なので 皆さんゆったり走っていて 非力な125CCでも走りやすいです
で箱根峠・・・運よくと言うか 路線バスが前方にいたため 登りは終始 ノロノロ 速度 問題なく 標高をあげていきます
最高標高がたしか830mくらいだったかと 夕方近いのでさすが

に寒くなりアウターを羽織りました ここまでで横須賀から100Kmくらいの距離です
のんびり走行 芦ノ湖に到着 お土産屋で少し休憩しました
ここも外国人の観光客 特に 白人系のカップルが多く 歩いていました
さて いよいよ 峠越です
ここからは沼津へ向かう車は以外と少な目です 
たぶん 多くは箱根新道を使って通過するので 観光客は芦ノ湖止まりなんでしょうか?
急なカーブはなるべく速度を落とし・・・
白線なども慎重に通過等して とにかく 中華バイク タイヤが滑るを体験しない様に慎重に運転しました
途中 さびれた道の駅に到着 すでに 店じまいの作業をしていました いつもは素通りですが 今日はバイクなので 無理は禁物なのでバイクのチェックもしつつ テラスから箱根を見下ろしました

眼下に芦ノ湖とバイキング船が見えます
バイクだと こんな優雅なひと時も過ごせますね!
さて 今度は下り坂 メインの国道1号
50Km厳守で 後続車が来たらさっさと右により 抜かせます
普通 バイクが車を抜き去るのですが いいんです 人生と同じく慎重に・・・慎重に・・・・!!
今回の目的は 中華バイクの 慣らし運転 及び 不具合やトラブルがあるかなどの調査の旅なので・・・
長い 坂を下って 三島市と駿河湾が見えてきました
市内に入ると2車線の普通の道となり 一安心です
でもすでに夕方5時 すでに暗くなりはじめました
沼津市内までまだ20kmほどありそうです
で ホテルあるかな?と思いつつ 走行していたら
運よく ネットカフェがあり 疲れもピークなので ここで宿泊決めたぜ!

この時点で120Km走行・・・・
フロントフォークのオイル漏れ以外は 一応 トラブルなく
来れました 中華バイクなかなかの信頼度!
途中 なんども休憩はしましたが120Km走行 掛かった時間は5時間ほど 平均速度25Km/hと思った以上に掛かりました
さて ここのネットカフェ初めて利用なので色々と費用が掛かりました
まずは入会金300円必要 で夕方6時から早朝6時までの12時間パック2000円が利用できることが分かったのですがまだ夕方5時20分 時間になるまで外で夕食しようかと思いましたが なにしろ疲れ果てていて その気もなく 店員さんが 食事もできますよとメニュー見せられったので すぐに利用しますと40分の料金400円支払い チェックIN 前回と同じく ごろっと出来る座敷タイプを

利用しました
で夕食は箱根越えで冷えた身体を温めるため魚介系ラーメンとサラダをオーダー 有名ラーメン店とコラボ商品のラーメンで すごくうまかったです 値段のリーズナブルですし 納得です
地元のテレビを見たり ネットで天気予報を見たり 映画を見たりでまったりの時間を使い しばい仮眠・・・・!!
深夜3時に起床 本当は朝の6時ぎりぎりまで休憩したかったのですが 昨夜の天気予報で 西の地域から雨雲が来て 昼からは本降りとあり 中華バイクアルアルその7 電装系雨に弱く 最悪 不動になるとの噂・・・!?
その様な状況は避けたいので 早めの出発 幸い それほど寒くはないですが まだ深夜である沼津市を目指し 出発!
長文になったので 続きはまた (いつまで続くんだよ)