中華バイク・スズキGN125H奮闘記

60歳に近くなりそろそろ初老の域に達する暇はあるが銭はないしょうもない親父が激安中華バイク スズキGN125Hの中古を手に入れて終の棲家ならぬ終の相棒にすべくせっせとメンテする日々の日記です!

購入後 ちょこっと メンテナンス!

購入時ですでに純正チェーンがゆるゆると遊びがあったが、工具も無いので帰宅してから 遊びを調べてから調整した

ノギスを当ててみると 約5Cmほど持ち上がる感じだ!

軽くサビてるし フレームをこすっている

で 皆さんがして様に 後輪シャフトを緩めて 張り調整ボルトでテンションアップ 目安3Cmくらいで!

両方の締め具合を合わせるため 6角ボルトの1面に白の塗料を塗って ちょうど 半回転くらいで 目安3Cmくらいの張りとなった

チェーンの表側(見える方)はさびはあまり感じないが 裏はこの様なサビがあり スプレータイプのモリブテン入りのグリスを塗布した もともと 自転車修理を生業にした時期もあり チェーンに関しては慣れもあるし構造も基本 自転車と同じと思うので グリスやオイルの塗布量は 皆さんよりも控えめにしておいた 動きが硬くならなければ 張りの調子やグリスの量も問題ないと思って軽めに塗布しているが 中華チェーンなので どれくらい持つかは不明だし 調整ボルトが2回転ほど締め込みした時点で交換も考えている たぶんコマ1個分伸びたら 寿命かと推測されるが ようするに切れない状態であれば どこまでも引っ張ってもいいのかとも思う でも ツーリング中に切れたら アウトなので 目安3000Kmで 一度 国産の安いチェーンに交換予定となる

次は オイルシール漏れ

原因の一つ フォーク上に浮いたサビの凹凸でシールに傷 もしくは中華ゴムなのでもともと品質が悪い また 製造から8年以上経過しているので すでに寿命 その複合原因かと とりあえず サビ浮きは皆さん 御用達のピカールとヘラでメンテする

部品を手に入れて準備するのに日にちが掛かるので取り合えず 漏れたオイルが伝って下に落ちない様に 2か所 バリケードを作る ブレーキパットやディスク盤に付着すれば ブレーキの効きが悪くなるのは避けたいので・・・ 毎回 ウェスで漏れたオイルはふき取ってごまかしている あ~治るかな?

純正バッテリーは中華製で 液が減りやすいとある 外して見たら 3か所 ローレベル近く下がっていたので 補充をする
また走行は920Km程度だったので 問題なくセル始動はするが 製造から8年は経過しているので いつ お亡くなりになるかものリスクがあり 残念だが セル始動か 一か八かの押し掛けしかないので 早急に国産かそれに準じる適合バッテリー購入を考えている 2りんかんにいったら 1万円越えなので ネットで台湾ユアサのバッテリーが手に入らないかと思っている 過去の仕事でカー用品担当していて ユアサの営業と話をすることもあり 台湾ユアサは国産と同等レベルの品質だよと教えてくれたのを思い出して なおかつ 国産よりは半額程度で手に入ると聞いたので候補とする

GN125Hは30年も前の設計のため メッキパーツが多用されており レトロな感じを醸し出すのだが やっぱり 中華メッキ サビ浮きやクスミはメッキ部分はある とりあえず ピカールで簡単な雑巾掛けで 磨いているが 当然ながら 完全には修復は出来ない 
新車で買えば すぐにメンテして状態は保てるが 製造から8年 920Kmしか走行していない中古なので ぱっと見た目はかなりいいが やっぱり 放置されていた期間はそれなりにあったと推測される 色々と交換しないと維持出来ないかもしれない 82000円で手に入れた中古バイクではあるが 新車との差額は約半分くらいかと 手に入れてからう~んと費用対効果を考えてしまいがちだが なにか不都合がなければ なにもしない 乗るだけになるのも事実 自分の腕をあげるのと 長く愛着を持つためにも せっせと メンテの日々を送る方が 自分らしいし、楽しいかも 今日はここまで!


ちょっとしたこと!

バイクで伊良湖へ釣りに行った際に 100均に寄ってちょっと補修や購入しました
その① クラッチレバーがガタガタする ワイヤーが伸びてがたがたと言うより レバーの付け根がガタガタ状態 で 指でボルトを触ると ナットがゆるゆるになっている 最悪ボルトが走行途中で抜けて 困ることになるかと ナットは当然だがゆるみ止めのついているタイプ 100均で8mmスパナを買い 車載工具のプラスドライバーを使い 締め付けたが 閉めすぎるとレバーの動きが悪くなると判明 8分目くらいの力でとりあえず締めたが・・・・・この日 一日 気が付いたら緩むのでその度 指で締めて 面倒な事が続いた 
帰宅後 ゆるみ留のシールテープで止めてみた まだ テストしていないが これで緩みそうなら ボルトとゆるみ留ナットを新品購入して取り換えようかと思う
やっぱり製造から8年 こんな細かい所で不都合が出るのが中華バイクなんだよね!と納得と言うかあきらめです

その2 斜めにつけた100均ドリンクホルダー やっぱり気になるので 買いなおしたが 強度が必要な部分が華奢な感じが不安を醸し出すが 中華バイクにはマッチしている

10月3日天気がいいのでバイクで釣りに行く!

横須賀からちょっと無謀な乗車してのバイクでの360Km帰路の旅をしてから乗るのが楽しくて・・・1700Kmほど 買った時が920Kmだったので780Km走行 通勤など使わず 趣味やちょっとした用事使いなので なかなかの使用だ
大型台風が立て続けに来て あれいらい 遠距離ツーリングはしていないが 本日3日 久々に秋晴れとなる 昼間で用事を済ませて
片道80~100Kmほどの距離にある 釣り場へ GN125Hを
お供に行こうと準備~午後1ゆうぐ時出発です!  

いつもなら 最短距離や走りやすい国道やバイパス使うのですが、目的はバイクでの釣りツーリングなので いつもとは違う道や景色を楽しむため あえて違うルートで行きます また 地図やナビなども使わず 伝書バトの如く 頭の中の地図で行きあたりばったりで走行します

国道1号線も 旧1号線を通ります すると見事な松並木や古い宿場町の風情がそこそこ残っていて 江戸時代の大動脈の東海道を東へ走ります

1号線を途中から山間の県道に入り 山の峠を越えて 蒲郡に入ります  蒲郡港で海とご対面ですが 臨海工業都市なので フェンスで囲まれて渚へは出られません 
なので 観光地である 竹島公園に行きました

昔し 家族でこの桟橋を渡って竹島散歩して 蒲郡競艇で美味しいB級グルメを食べた子供時代の家族旅行を思い出しました
ここから更に海沿いの市道や県道など走り 豊橋港へ

湾岸工業地域で道路網はすごく整備されており 海の上を何度もわたる湾岸道もありますが、こちらも同じく がっちり フェンスで海へは出られません

お腹が空いているのですが、この手の産業道路ですと 飲食店は少なく あっても 昼を過ぎているので夕方まで アイドルタイムとなり そのまま 釣りの目的地へ秋のすがすがしく穏やかな天気の中 海を見ながらツーリングです とても いいですね 中華バイク スクーターと違い ツーリングしている感覚があります!

逆光で夕暮れ時に見えますがまだ午後3時です

早速釣り開始! 虫エサなので 小物が釣れて退屈しません

この釣り場は1時間で切り上げて もう少し先の伊良湖港へ行こうと考えていましたが ここで夜まで釣りをして帰る事にしました

夜も釣れます!
自分がなぜ釣りをするかと言うと 釣りは目的ではなく 手段でありバイクに乗るための言い訳でもあります なので大きい魚を釣りたい訳でも無いので 目的は気ままにバイクの乗り 自由を楽しむなのであります!
午後8時 エサがなくなったので釣りも終了!

帰路につきますが 秋風も冷たくなり 身体が冷えそうです
実は 田原市のホテルで泊まろうかと 行き掛けにホテルに部屋の空きなど確認はしていましたが、もっといい方法を 釣りをしながら考えていたのと 予約はしてもいなかったので 取り合えず 豊橋市へ向かいます
田舎の幹線道路や国道は地元 仕事帰りの車が ビュ~ンビュ~ン飛ばして来て ぎりぎりにトコトコ走るGN125Hを傍を 追い抜いていきます まるで 現チャリを抜くように・・・ でもこれでも法定速度+アルファ~の速度で走行しているんですが、 夜だとスリムな形状のこの手のバイクは原チャリに見えるのかね~??
でも 残念ですが速度に関してはMAX70Km程度です 前に所有していた スクーターの方が早いです
ちょっと愕然としたのは 国道1号で速度規制なしという事は 法定速度は60Km 当然ですが60Kmちょっとで頑張って走ります 2車線なのと夜遅くなのでぎりぎり幅寄せして追い抜く車もいませんが 信号で止まり 自分の前に50CC スクーターのおっちゃんがいてほぼ 信号が青に変わり 同時スタート 出だしは悪いのがGN125H でもギヤ5速車なのでそれなりに走りますが 50CCスクーターはもっと滑らかに速度を上げて 自分を置き去りにします 更に60Km+アルファーの速度で走り続けて いつの間にか 視線から遠ざかりました 
えっ ノーマルと思えるスクーター そんなに馬力があり速度もでるの?と唖然としました(現チャリは速度30Km法定ですがね) ナンバーは白だったので間違いなく50CCスクーターでした
なるほどGN乗りは ちょっとでも早く走れるように カスタムする理由だ! 原チャリに負けていてはね! でも自分は今のノーマルでいい 早く走れても 心を消耗してもね!
そんなこんなで豊橋から豊川市へ向かう 途中 どうにも腹が減った(12時の軽い食事以外 なにも食べていないので) で 健康に悪いとは思うが 暖かい物が食べたくで 丸源ラーメン店へ

久々のラーメン 美味かった!(現在病気持ちで糖質制限中)
その後 近くの健康ランド規模のある銭湯へ行く
健康ランドは、費用が2000円近く掛かるが 銭湯なら600円
しかも ごろ寝の出来るお休み所も整備されている ただし深夜1時までとなるのですでに午後の10時 お風呂に入るので それほど休憩も出来ないが 横になれるのは バイク乗りにとっては大変 ありがたい! 腰も伸びて肩こりも取れるしね!

この駐輪場で同じ黒色のGN125Hが駐車しており 興味本位で
見比べました そのバイクはすでに19800Km程度走行しており 長く乗っているんだなと また手入れもされていて きれいな状態でした タイヤは滑らないタイヤに交換されていて BOXは48Lの巨大なBOXが乗せてありました 自分のも結構 大きいですがまだ容量が足りないくらいなので そのBOX見て 5000円くらいの48L容量のやつ買おうかと 悩んでしまいましたが、それよりも破裂しやすいチューブを先に交換 また フォークのオイル漏れが先に整備だとうと あきらめました
横須賀の帰りでは豊橋市の銭湯に入りましたが そちらは760円
でそこから5kmほど走り豊川市ではありますが こちらは600円で更に設備も良く 他の楽しみも出来る複合娯楽施設(ホテルも併設)なので 今後 遠征する場合は この銭湯を使おうかと思います
身体も温まり 深夜12時 自宅へ50Kmを走ります
で 岡崎市内は通常通らないルートで自宅へ向かうのですが 今夜は気分がいいです 夜の岡崎城をちょいと見るため 市内を通ります

深夜2時 自宅へ到着!
翌日の昼までぐっすり寝れて 久々にリフレッシュできた
1日でした!
今回の走行距離170Km 燃費48Km/Lでした
500円でおつりがくる ガソリン代で なんて省エネなんだと感心!
さて今回のツーリングで見えてきたGN125Hの不調現象
走り出しの時は かぶり気味になって来た
バイクの所どこと 騒がしい音が出だした
減速すると(ギアダウン)とマフラーがかぶり気味の音が出る
国道1号など 使い込まれた道路ではタイヤが滑っているなとの感触が分かる様になる
夜は特に 1時間以上 エンジン停止していて始動すると アイドリングが上がりにくい感じとなって
GN125Hは冬に弱いを実感しつつある
皆さん それなりに 工夫や調整しているので まずは イリジュームプラグに変更とプラグキャップの変更 それとエンジンオイルの交換を今月中にしておきたいと考えています
もちろん フォークシール交換と出来れば 前後のチューブ交換です
またなにかあればアップしていきます