中華バイク・スズキGN125H奮闘記

60歳に近くなりそろそろ初老の域に達する暇はあるが銭はないしょうもない親父が激安中華バイク スズキGN125Hの中古を手に入れて終の棲家ならぬ終の相棒にすべくせっせとメンテする日々の日記です!

GN125Hメンテンスパーツ集め!

天高く 食欲がどん欲になる秋!
現在の住まいは賃貸アパートなのと この手のバイクを
弄る スペースもなく(1時間程度の整備なら問題ないが
一度 弄だすと ある程度時間が掛かる上に 工具や道具類など
手元に置かないと手間ばかり増えるので 理想は バイク専用ガレージなんだろうが そんな贅沢空間を持てる人は少ない
でも 私の場合は 片道60km程度 距離はあるが 仕事で使う倉庫があり その中にガレージ空間はある
なので まずは メンテナンス部品や道具をある程度準備して
軽トラにGN125Hを積載して 倉庫へ行き ある程度 時間と手間を掛けて 整備しようと考えている
特にフロントフォークのオイル漏れ 左は買った帰りに漏れがはじまり 現在はかなりの量が漏れてくる 更に右も フォークのシリンダー状に黒い輪ジミが付くようになり シールがダメになりつつあるのが確認できた
一番初めに手に入れたパーツと言うか重要な部品
それは 合鍵!!

中古で手に入れてた時点ですでに複製キー 1本であった
ブログで見るとこの手の古いキーは 作ってくれる合鍵屋にブランクキーがなく 見つけるのが難しいとあったが 幸い 近所のホームセンターに入っている合鍵屋はレベルが高く すんなり420円で1本作ってくれた キーの回りも問題なし
お次は フロントシール 名古屋市のにりんかんに行き 店員さんに GN125Eのパーツとしてシールは取り寄せ出来るかと聞いたら すんなりOKですよとのこと でもすでにネットショップで中華製のシールを4個注文した後 だったので 今回は見送った
値段的には両方ともにそれほど 値段は変わらないが 日本製と中華製ではたぶん かなり それなりに・・・品質問題あるかも!?
失敗も考えて 4個購入しておいた それで手慣れた来たら 今度はにりんかんで注文しようと思った

そのシールーと共に注文しておいたアマゾンの箱・・・巨大です!
で中身を見ると アッハッハ~!!スカスカなんです!

IRCの前輪 後輪チューブこれは 純正の中華チューブの品質問題とすでに8年も経過しており 早急に交換が必要と感じたためだ
もうじき2000Kmになるので オイル交換と同時にオイルフィルターも交換するため 2個購入

思った以上に ちいせ~よ! でもこんなパーツでも にりんかん等の専門店では1000円以上の値段なんだよね!
ちなみにこれは1個300円程度でした

いずれは 切れるしツーリング時に切れたら ほぼどのお店にはない 純正バルブ なので 1個予備として購入した
GN乗りの方々の多くが 純正では暗くて 夜は死ぬ!とあるが
自分はまったく暗くは感じず 明るいな~と感心したくらいだ!
理由は簡単! 今まで乗って来た 原二バイクは ものすごく古い物ばかりで いくら日本製造バイクだって 30Wくらいのしかも古いタイプの電球なので 黄色くて暗く アイドリング時など えっ点灯しているの?と疑うぐらいだった
それらに比べれば 35Wではあるが このバルブ レンズカットの関係なのか 照らしている感じはちょっと違和感を感じるが でも暗さは感じない 皆さん見たいにLEDやハロゲンも考えたが 1600円だったので 純正と同レベルのこれにした
エンジンプラグ これは ホームセンターの品ぞろえの寂しいバイク売り場でもあるくらい NGKの普通のプラグがあり 購入も楽だがGNは冬に弱いを感じて イリジュームを買った 2000円ほどとかな割高だが 冬本番 セルでの始動が悪くなったら つかってみようと思う 今は 普通のプラグで始動性はいいので
プラグキャップかプラグコードも交換しようと考えているのだが これも 冬本番 始動性が著しく落ちたら 交換を考えている
安くてもパワーコードキャップ2000円くらいするしね

これもアマゾンで他のパーツと共にポチッたのだが これのみ後から送られてきた これのみ送料700円追加されたが 例の大きな箱のやっは送料無料であった
台湾ユアサのバッテリー 液はまだ入れていない
激安バッテリーもあるが 自分も経験しているのだが 激安品は1ヵ月は調子いいが それを過ぎると すぐに弱って 半年も持たなかった(2回ほど経験)なので 5500円+700円ではあったが それでも日本製の同程度のバッテリー13000円よりはかなり安い
信じてはいるが はたして どれくらい持つか 通常2年もてば 良品かと思われる プラグと同じで寒くなって いよいよ純正中華バッテリー ダメっぽくなったら交換予定

純正中華チューブ 品質が悪く もろい なので2重構造の
こちら中華と思われるが500円のチューブを購入 触ると柔らかい
現在ついているチューブは製造から8年経過 やっぱり触ると固い感じはする 今年中に交換しよう 交換も簡単だしね

2りんかんで購入したフロントフォークオイル 10W 1L
前回行った時に在庫切れで その後1週間して電話で問い合わせしたら メーカー在庫切れでしばらく入荷しないとのこと 店員さんが親切で他の店舗に在庫があるとの事で 更に1週間待って 店頭で購入 1500円くらいだったかな

これはアスプロプロダックで購入した油面ゲージ 2りんかんでは4000円するが こちらは1500円 どうやって使うかは不明だし 必要かも不明だが ブログでは 液面をこれで測ってオイルを入れているとある オイル&シール交換時に考えよう

激安すぎる10-40W40 4サイクルオイル
全国展開している ホームセンター コーナンでゲット780円
1L円筒缶のものより注ぎ口も注ぎやすく また容器の処理も簡単で いいんじゃないの~!
GNは高回転 高性能 高馬力エンジンバイクではないので 2000Km事 交換予定なので これでいってみよう~!!
写真には無いが 手持ち工具でたまたまKTCの22サイズの ソケットレンチが見つかった これは ホークシリンダー上部の取り付け大型ナットで使うやっで 単品で買うとそれなりに高いので助かった またプラ船やステンレス長方形皿なども見つかり 整備時には必要なので 特に プラのトロ箱は 結構大きいので灯油を入れて 長尺のフロントフォークの洗浄や他の部品など洗いや一時保管で重宝しそうである 他の方では プラの衣装ケース等 使われる方も見受けられるが あれば 紫外線に弱く すぐにもろくなって 金属の先端等がちょっと当たるだけで 穴が開き のちのちとラブルの原因になるのた この丈夫なプラ容器は見つかってよかった トロ箱は結構高いのよ!


それらをちょっと大き目の工具箱に入れて 来る 整備メンテナンス日まで保管中だよ!
ここまでの総額15000円程度 出費かな!?
あ~やっぱりバイクは金食い虫!でも 愛すべき人生の相棒です

購入後 ちょこっと メンテナンス!

購入時ですでに純正チェーンがゆるゆると遊びがあったが、工具も無いので帰宅してから 遊びを調べてから調整した

ノギスを当ててみると 約5Cmほど持ち上がる感じだ!

軽くサビてるし フレームをこすっている

で 皆さんがして様に 後輪シャフトを緩めて 張り調整ボルトでテンションアップ 目安3Cmくらいで!

両方の締め具合を合わせるため 6角ボルトの1面に白の塗料を塗って ちょうど 半回転くらいで 目安3Cmくらいの張りとなった

チェーンの表側(見える方)はさびはあまり感じないが 裏はこの様なサビがあり スプレータイプのモリブテン入りのグリスを塗布した もともと 自転車修理を生業にした時期もあり チェーンに関しては慣れもあるし構造も基本 自転車と同じと思うので グリスやオイルの塗布量は 皆さんよりも控えめにしておいた 動きが硬くならなければ 張りの調子やグリスの量も問題ないと思って軽めに塗布しているが 中華チェーンなので どれくらい持つかは不明だし 調整ボルトが2回転ほど締め込みした時点で交換も考えている たぶんコマ1個分伸びたら 寿命かと推測されるが ようするに切れない状態であれば どこまでも引っ張ってもいいのかとも思う でも ツーリング中に切れたら アウトなので 目安3000Kmで 一度 国産の安いチェーンに交換予定となる

次は オイルシール漏れ

原因の一つ フォーク上に浮いたサビの凹凸でシールに傷 もしくは中華ゴムなのでもともと品質が悪い また 製造から8年以上経過しているので すでに寿命 その複合原因かと とりあえず サビ浮きは皆さん 御用達のピカールとヘラでメンテする

部品を手に入れて準備するのに日にちが掛かるので取り合えず 漏れたオイルが伝って下に落ちない様に 2か所 バリケードを作る ブレーキパットやディスク盤に付着すれば ブレーキの効きが悪くなるのは避けたいので・・・ 毎回 ウェスで漏れたオイルはふき取ってごまかしている あ~治るかな?

純正バッテリーは中華製で 液が減りやすいとある 外して見たら 3か所 ローレベル近く下がっていたので 補充をする
また走行は920Km程度だったので 問題なくセル始動はするが 製造から8年は経過しているので いつ お亡くなりになるかものリスクがあり 残念だが セル始動か 一か八かの押し掛けしかないので 早急に国産かそれに準じる適合バッテリー購入を考えている 2りんかんにいったら 1万円越えなので ネットで台湾ユアサのバッテリーが手に入らないかと思っている 過去の仕事でカー用品担当していて ユアサの営業と話をすることもあり 台湾ユアサは国産と同等レベルの品質だよと教えてくれたのを思い出して なおかつ 国産よりは半額程度で手に入ると聞いたので候補とする

GN125Hは30年も前の設計のため メッキパーツが多用されており レトロな感じを醸し出すのだが やっぱり 中華メッキ サビ浮きやクスミはメッキ部分はある とりあえず ピカールで簡単な雑巾掛けで 磨いているが 当然ながら 完全には修復は出来ない 
新車で買えば すぐにメンテして状態は保てるが 製造から8年 920Kmしか走行していない中古なので ぱっと見た目はかなりいいが やっぱり 放置されていた期間はそれなりにあったと推測される 色々と交換しないと維持出来ないかもしれない 82000円で手に入れた中古バイクではあるが 新車との差額は約半分くらいかと 手に入れてからう~んと費用対効果を考えてしまいがちだが なにか不都合がなければ なにもしない 乗るだけになるのも事実 自分の腕をあげるのと 長く愛着を持つためにも せっせと メンテの日々を送る方が 自分らしいし、楽しいかも 今日はここまで!


ちょっとしたこと!

バイクで伊良湖へ釣りに行った際に 100均に寄ってちょっと補修や購入しました
その① クラッチレバーがガタガタする ワイヤーが伸びてがたがたと言うより レバーの付け根がガタガタ状態 で 指でボルトを触ると ナットがゆるゆるになっている 最悪ボルトが走行途中で抜けて 困ることになるかと ナットは当然だがゆるみ止めのついているタイプ 100均で8mmスパナを買い 車載工具のプラスドライバーを使い 締め付けたが 閉めすぎるとレバーの動きが悪くなると判明 8分目くらいの力でとりあえず締めたが・・・・・この日 一日 気が付いたら緩むのでその度 指で締めて 面倒な事が続いた 
帰宅後 ゆるみ留のシールテープで止めてみた まだ テストしていないが これで緩みそうなら ボルトとゆるみ留ナットを新品購入して取り換えようかと思う
やっぱり製造から8年 こんな細かい所で不都合が出るのが中華バイクなんだよね!と納得と言うかあきらめです

その2 斜めにつけた100均ドリンクホルダー やっぱり気になるので 買いなおしたが 強度が必要な部分が華奢な感じが不安を醸し出すが 中華バイクにはマッチしている