中華バイク・スズキGN125H奮闘記

60歳に近くなりそろそろ初老の域に達する暇はあるが銭はないしょうもない親父が激安中華バイク スズキGN125Hの中古を手に入れて終の棲家ならぬ終の相棒にすべくせっせとメンテする日々の日記です!

冬場のミニツーリング!


2月の厳寒期だが 本日は穏やかな曇り空 午後の時点で外気温14度C 温度は低めだが
南風のためか 寒さを感じない ちょっと海でも見て 温泉でも浸かって 待ったりするかと思い立ち 知多半島へ向かう
久々にGN125Hの能力を知るため 有料道路を走る
衣浦~豊田有料道路? 距離は無いが 渋滞する市街地を入らなくていいので丁度良い
5年前 125CCスクーター(原付二種)で走った時は20円の激安料金だったと記憶しておりポケットに100円玉を忍ばせて走行・・・・・慣らしが終わらない頃(1000~3000Km)は60Km以上だすと振動が激しくて壊れるんじゃないかと思えるほどで 安全運転していたが 有料道路なので法定60Km+アルファーで流れに乗って走行
最近 加速もよく回転もスムーズに上り あれほどひどかった振動もかなり静かになって巡行しても大丈夫だ 外国での道では80Kmくらいで巡行出来ているみたいだ
でも国内ではしょせん原付扱い 法定速度+アルファでないと まずい!!

料金場で少しあせった なぜなら 160円と言われたからだ・・・・後ろにも車が並んでいたので 急いで後部トランクからお金を出して160円支払った・・・・前は20円なのに
値上がりしたのか??
後でネットで調べると50~125CC以下はやっぱり20円だった
あのおやじ 125CCのフルサイズの単車なので 126CC~250CCの軽二自と間違いやがった・・・・でも 自動2輪と見間違えられて 実はそんなには嫌な気持ちにはならなかった(中年親父って 見栄っ張りですね)
午後の田舎道を流れに乗って走行・・・・・ワークマンのイージス上着なので全然平気
ズボンの裾には 足首用の雨具を履いて寒さ対策で問題なし
イージスのズボンをはくと ちょっときつくて動きにくいので・・・・・

半田の海をパシャリ!!日差しがすでに春の日差しで ポカポカだ!
で 本日の目的地
半田市の ゴンきつねの湯へ向かう 知多半島 半田中央インター近くである
地図もナビも必要ない この辺りは何度も通ってこともあり すぐにわかった


30年ほど前に一度 入浴したと記憶していたが・・・・・
じじいの記憶はほんと 曖昧で 実際にいったら 間違いなく 来た事がない施設だった
それとも 30年もたつと 記憶と共に古ぼけたのかな・・・・・
料金は820円とかなり高めだが 露天風呂が気持ちよく 1時間ほど お湯を楽しんで無料休憩場で ポカポカしながら 椎名誠氏の雑魚隊の文庫本を1時間ほど楽しんだ
久々にまったりした
で次は海を見るべく 半田市の衣浦湾に行く

夜7時 腹が減ったので市内のラーメン屋でがっつり食べた 1090円
醤油ラーメンだが 魚介系の出しが良く効いたスープでうまかったよ


夜の釣り公園・・・・風もなく比較的暖かい夜となり
土曜日とも相まって すんげ~釣り人達がいた
経験上 たぶん 魚は釣れない時期だ
知多半島でも常滑港や南知多の豊浜釣り公園なら 大きく育った イワシが
かなり釣れている様子であるが ここは三河湾の湾奥なのでさすがに 魚は少ないと思われる でも 最近のアウトドアブーム テントを張って 家族で楽しんでいる姿を見ると自分も 家族がいて 子供も小さい頃は よく この様な 遊びしていたなと
ほんわかな気持ちとなる
孫も今年で2歳 あと3年ほどしたら 外で一緒に遊べるようになるかなと密かな楽しみでもある
で 身もこころもリフレッシュして 夜の街道を帰路に着く
最近 よく走るので燃費は40Km/1Lだ! それでもサイフに優しい燃費ですね!



×

非ログインユーザーとして返信する