GN125Hと鉄カブ忘備録!

60歳に近くなりそろそろ初老の域に達する暇はあるが銭はないしょうもない親父が激安中華バイク スズキGN125Hの中古を手に入れて終の棲家ならぬ終の相棒にすべくせっせとメンテする日々の日記です!

ジャンクレッツ4 現状確認した!

自宅に戻り 駐輪場長期放置みたいで相当 ホコリ汚れがすごかったので
まずは 洗車した
そうすると 傷や割れ 破損などが多くあるのが分かったが
15000円不動車に だいそれた価値感は持ち合わせてないので
原型があるだけでもマシ!と前向きに考えた!
洗車が終わると エンジン始動の前準備として オイル交換をする

安っすいオイル1Lを用意する(エンジンの刻印には容量が700mLと表示)
たしか650円程度だったかと・・・
このパックだとオイルが入れやすいし 容器の廃棄も楽なので GNくんは大切なので高級オイルを使うが 原チャリはすべてこの手の プライベート品だ!


レッツ4のオイル交換は簡単ではあるがスタンドの高さがないのでブロックの上に
スタンドを掛けて高さを出して 排出する

真っ黒け! 及び ドレンボルトは社外品のセンターにマグネットのついたものが
付けられており マグネットには金属くずが目視で分かるくらい付着していた
あまり 可愛がられていたバイクではなさそうだ!
次は ガソリンタンク内の古いガソリンの入れ替え

すげ~赤いワインかと見間違うほど劣化した古いガソリン

ガソリンの入れ替えは 現在乗っているまともなレッツ4のタンクから抜いて
ジャンクレッツのタンクに入れて それを抜いて廃棄 またガソリンを入れ替えを
3回ほどしたら 

これは2回目あたり まだまだ古いガソリン混在のため濃い色をしている

4回目でやっとまともな色に変わった
使ったガソリンは2Lほど こののち実働車のレッツ4で近くのガソリンスタンドへ行き
給油して 自宅に戻る
次は ついていたバッテリーを補充電

ちなみに 隣の物は 現在乗っているレッツ4についていた古いバッテリーで弱ってはいるが きちんとセル始動は出来た物だ(現在のレッツ4には新品バッテリーがつけてある)
で 十分に充電して車体に取り付け 
キーON 電動ポンプの動く音がする
電装系も問題なく点灯した
でセル ON・・・・・・ハイ!掛かりませんと言うか 初爆する気配もありません
次はキックを20回踏んだが やっぱり始動出来ない
と言うか 圧縮の感覚が薄い・・・・・
その後 2回セルでの始動を試みたが 初爆する感覚がなく バッテリーも上がったので
中止! また充電器で充電した
これは 4スト原付バイクでエンジン始動が出来ない エンジン不調の
代表的な症状!
カーボン噛みではないか
ネットで調べると スズキのレッツ4は 見事にカーボン噛み多発している
で プラグをはずしてみた!

なんてことでしょう!?
新品に近いプラグがついていて まったく 汚れもないし 濡れていない・・・・
燃料系 不具合と判断できる!
憶測であるが 前の所有者が 乗っていて不調になり プラグを替えたが
カーボン噛みで圧縮がなく・・・当然 燃料も送られないので プラグも
汚れない・・・・・
諦めた!・・・・安く売る!の流れではないかと思われる
そりゃそうだ もし カーボン噛み修理なら 2~3万円は掛かるそうだ!
販売当時 安い原チャリスクーターの代表格である スズキ レッツ4 インジェクション仕様で10万円程度の車体価格
そんな車体に価格に比べて高額な修理をするはずもない
でも 前輪タイヤは新品同様 後輪もかなり山が残っている状態なので
さぞかし無念の故障だったかもしれないが
★原付バイクのメンテ 修理 改良 やっぱそれなりにお金が掛かる乗り物ですな!
★自分の場合 きちんと登録すための書類があり 燃料ポンプは動き これを交換すると
かなり高額な部品代みたいなので 中古でも 動くやつが手にはいったのは良かった
何度も書くが 前後タイヤの状態がいいので ポン付け交換出来て ラッキー
シートの破れもなく これも今後 付け替えてつかえそうだ
マフラーの状態はサビサビで良くないがとにかく穴もあいてなくさび止めして
現在常用しているレッツのマフラーに穴が開いたら即交換できる
たぶん電子部品等は生きているとおもえるので それらも貴重なパーツ
あと ホイルをはずしてみないと分からないが前後のブレーキシュー
残量があれば こちらも貴重な部品だ(ネットでも買えるが 商品代が少額の場合は
送料がそれなりに掛かるしね)
たぶん プラグもつかえそう!
開けて見ない分からないが 駆動ベルトやウエイトローラー 状態が良ければ
重要な部品パーツだ
過去に経験したが スクーターは走行中 ベルトがちぎれると レッカーしかない
でも自分の場合 軽トラがあるので 公共交通機関で帰宅すれば軽トラで取りに行き
この手の部品が今回 丸車で手にいれたのですぐに交換も可能だ
ウインカーやヘッドライトの玉 ブレーキランプの玉も 貴重なパーツだ
それら 2個一 パーツと考えれば
15000円は結構 お得な買い物だったと思う
★ネットでカーボン噛み 簡易対処法(セルでのカーボン除去)をしてみて
ダメなら エンジンを降ろして やってみたかった エンジンブロックの分解
バルブなどの構造 燃料系のつまりなどチャレンジしてみようかと
色々 楽しみが出来たと思っている!



×

非ログインユーザーとして返信する