GN125Hと鉄カブ忘備録!

60歳に近くなりそろそろ初老の域に達する暇はあるが銭はないしょうもない親父が激安中華バイク スズキGN125Hの中古を手に入れて終の棲家ならぬ終の相棒にすべくせっせとメンテする日々の日記です!

中島 みゆきコンサートの映画

還暦オヤジで趣味は釣りとバイク これくらいが長く続いているが
若い頃より 音楽には興味がなかった と言うか 世代的に フォークソング時代
当時の若者はエレキかフォークギターのどちらかを かき鳴らした世代だ!
かくゆう私も16歳の頃より知人の影響でフォークギターを楽しんでいた
なぜフォークギターかと言うと ずばり 中島 みゆきさんの影響でもある
彼女が奏でる ナチュナルギターから言霊が 10台のまだ世間しらずのガキであった
俺の心の奥底に 降りしきる粉雪みたいに しっかりと 降り積もり 根づいた
そう 言霊・・・・・リズムやメロディや流行りのフレーズなどではなく
言葉だけで 心をゆる動かす 詩の数々・・・・
中島 みゆきの楽曲を引くだけにフォークギターにはまったものだ
でも 音痴であるので 自分の部屋(寮生活なので個室だった)でひっそり
たしなんだ!
あ~それから40年以上~ 仕事中のケガで右手中指を傷めて20歳でギターは弾けなくなったのだが・・・・・レコード CDはアルバムが出るたびに購入していた
俺の宝ものでもある
そんなにファンなら ファンクラブやコンサートや夜会など当然 行ったよね?とか
思われるも知れないが おっさんなのでそんな恥ずかしいことが出来なかった(今でも悔やむ!)
でも 今は映画で中島 みゆきさんの夜会やコンサートのライブ映画がみれる
これなら恥ずかしくなく 見に行ける
なので 偶然知った 劇場版 ライブヒストリー2007~2016 歌旅~縁会~一会
をGN125Hと共に見に行った 
自分の住む街は愛知県では1番大きな面積と2番め多い人口を有してはいるが
事 文化や芸術に関しては お隣の市には到底かなわない
なにせ工業都市であるのが我が街で お隣は江戸の時代から脈々とつづく商業都市であるからだ なので 大きな映画館が2つもあり 劇場版は上映していた

平日 天気はいいが 寒波到来で寒い!ので 午後の1時40分上映に合わせて
来訪した

映画館に来たのはいつ以来だろう
子供が巣立ってから 一人暮らし DVD映画のレンタルは毎週のごとく借りて
部屋の大型テレビで楽しんではいるが 家族連れやカップルなどいそうな
この手の映画館には縁遠くなっていた
平日の昼間なので ほとんど お客はいない
座席の予約状況を端末でみれるのだが 20名くらいだ
気兼ねなく 鑑賞できそうでよかった

著作権に抵触したくないので ネットなどでの情報はこちらには記載はしない
なので 気になる方は ネット検索で調べてくれ!
いつもはケチケチ人生の俺だが  2600円でも惜しくない!
大型スクリーン 5.1Chドルビシステム ゆったり座席 堪能!
画面一杯に コンサート風景が映し出され 中島 みゆきさんのお顔より
昔から知っている 歌が紡がれる!
しばらくして俺は目をつぶって 彼女の言霊だけを体で感じていた
しらず しらずに 体が小さく リズムを刻む 頭の中で 一緒に歌った
思い入れのある歌では 勝手に涙が出た(お年寄りになると ほんと涙もろくなる)
それは各歌の年代で 自分に降りかかった 色んな事が 思い出させるからだ
~~そう それこそ 人生~~とフト 頭に浮かんだ!
至玉の90分であった
一番最後の歌は 販売されたアルバムにはない コンサートのみで歌われた
ジョークにしないか を聞いて あ~まだ俺の知らない曲があった
でも みゆき節は どの曲の根底に流れていて どこか懐かしい曲にも思えた
ちょっとした驚きもある 映画鑑賞となり 満足な日となる
同じ敷地内にある ファミレスで 遅いランチを食べて

帰路につく その日の俺の頭の中ではいつまでも 唄が流れていた!



×

非ログインユーザーとして返信する