中華バイク・スズキGN125H奮闘記

60歳に近くなりそろそろ初老の域に達する暇はあるが銭はないしょうもない親父が激安中華バイク スズキGN125Hの中古を手に入れて終の棲家ならぬ終の相棒にすべくせっせとメンテする日々の日記です!

GN125H 緊急メンテナンス!

まだ 1発2日の旅の記事を書き終えたませんが
本日 GN125Hの緊急メンテナンスしました
これらは ツーリングをした際に気になった箇所となります
ツーリング必需品のサイドバック マフラー側のBOX下が マフラーに触れて角が溶ける事件!

三角ガートの形状が悪く どうしてもマフラーにくっつく
特に荷物を入れたので更にくっつき 熱で溶ける
ガードに水道ホースをはめて ハンマーで無理やり叩き まげの角度を変更 ホースのおかげで 丸棒自体にメッキ剥がれ等はおきなかった ひかくするため 左側と重ねると分かりますが相当 曲げました ぶっとい丸棒ですが 意外と簡単に叩いて曲がりました

で スキマがタップリ開けて固定できました 心配が一つ減りました

次は 気になっていたチェーンの伸び~!前回半回転ほど引っ張って約3Cmほどの遊びでしたが 今回は1回転と1/4程度 回して3Cmほどの遊びになりました かなり伸びますね 純正のチェーンは!?

で前回オイル交換した際に オイルフィルターも交換しました

袋ナット 綿棒の所でオイルにじみ出ます Oリングは交換しなかったのでそれが原因なのか ナットの締めが緩いのか判断出来ませんし Oリング交換となると サイズ調べて再度オイル交換しないとなりませんので 取り合えず まし締めしておきました

手動で調整しないとならない ナンたらチェーンテンション?
12mmのナットはすぐに緩みましたが 他のブログで書いてるように マイナスドライバーでスクリューボルトを緩める=すげ~固い・・・私のGNも同じです

CRC-556をたっぷり塗布して

力を入れるため両手で回せるように柄の長いマイナスドライバーで押し付けながら回転 パキッと音と共に ゆるみました
一度 ボルトを緩めて 軽く締めて ナットを固定
どうして必要なのかは素人なので不明ですが 4000Km事にチェツクとなっているみたいです

当方の住まいのエリアでは 早朝は10度Cくらい 日中は17度Cくらいです
なので エンジンの始動は良いかと思われますが
アイドリングをしっかり 2分以上しないと エンスト アイドリング低めで不安定となりがちです
なので プラグキャップ外してみたら標準ではCR8Eのはずですが なぜかCR7Eと番手の低いのがついていました
すでにイリジュームプラグは購入しているので このCR7Eで始動が悪くなりだしたら交換して 様子を見たいと思います

頑張って乗っていいるので 2600Km程度となりました


次回は 旅の続きをつづりたいとおもいます


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。