GN125Hと鉄カブ忘備録!

60歳に近くなりそろそろ初老の域に達する暇はあるが銭はないしょうもない親父が激安中華バイク スズキGN125Hの中古を手に入れて終の棲家ならぬ終の相棒にすべくせっせとメンテする日々の日記です!

山口県 山奥のレトロうどん販売機

日本海から 瀬戸内海方面に中国地方を縦断している途中 あやしげなネオン看板が見えた

色使いがなんか 怪しげな雰囲気を醸し出す

バラックみたいな ドライブイン(規模は小さい)だと分かったので立ち寄る

なにやら このドライブインの紹介記事が貼ってあった

新聞にも取り上げられたとある

350円で買えるうどん自動販売機 現役!

350円だけにシンプル シンプル過ぎるスーどん!

全国で稼働数が激減した うどん販売機 雑誌の記事や新聞の記事を読むと 一度 壊れて
修理に60万円程度 掛るため オーナーが一度はあきらめたが 熱心な常連さん達の要望に応えて 修理費を全国から寄付を頼んで 成功したらしいとの事
深夜 山奥の真っ暗な国道で 正直 暖かいうどんが食べられるは大変 ありがたい
ホッとする時間を体験出来た
また このご時世でも350円で販売しているのは やはり 常連さん達を考えてのことかと思える 
自動販売機は一時期 仕事場で設置して 管理していたが なにしろ電気代が馬鹿にならない(1ヵ月 駆動させると12000円電気代がかさんだ経験をしえいる ジュース1本辺り30円程度しか儲けが出ないので 1ヵ月に何百本売ればいいんだよと すぐにやめて 売り飛ばした) 特にこの手の冷蔵して温めのお湯を準備しないとならないタイプなら
なおさら電気代が多いのが想像できる

鹿児島 巨大ホームセンターAZホームセンター

遥か遠くまでAZだ! 複数の独立した店舗のスーパーセンターは良くあるが1つの建物で
ここまで巨大なのは全国的に見ても珍しいのではないのだろうか?

鹿児島には 巨大なホームセンターと言うかスーパーセンターがある
鹿児島へ行くたびに 行きたかったが なにしろ鹿児島の家から片道80Kmもあり
帰路の途中でもないので あきらめていたのだが よく調べると 霧島市に同じAZスーパーセンターが出来ておりしかもでかい!
なので今回の帰路の途中によって行こうとルートを決めた
詳細はまたの機会で記載するが 今回は 店内にある飲食店の話である
着いたのが夕食時なので 腹も減って とにかく 食事だと 店内に入る

サンプルショーケースを見ると 色々 あるが ジャンボえびが3本も乗って750円は
激安だなと こちらを注文

全体的にお得な定食が多い中でも エビフライ定食は高めだ!
注文は一口のタッチパネル で 出来ると呼び出されて 受け取りに行き 食後は指定の場所に返却する フードコート方式

鹿児島の空を見つつ まつこと10分くらい 

到着! シンプルな盛り付けだが 大きいぞ~! エビフライ!

サンプル写真より大きさを感じる巨大エビフライ 愛知県民なら 納得のエビフライだ!
食べ応えもあり うまいのだが・・・・3本はきつかった!と言えるくらい大きなエビフライでした 手作りタルタルもたっぷりでこれはいいねを推したい!

なんの変哲もない 豆腐の味噌汁だが 飲むと 凄く 出汁が効いている しかも味あったことが無い出汁だ 飲み進めると どうやら シジミのエキスだと感じた
当然 貝のからや身も無いが シジミを感じる味噌汁で ちょっと驚いた
さて わざわざ 単独記事にしたのは この後 大分の道の駅で 見た 巨大エビフライ
定食との差を見てもらいたいためだ!

この道の駅 なかつ釜めし推しの飲食店だが ま~ま~お値打ち でも

いや~これは ないでしょ!

750円で3本もあるエビフライのお店との比較
2倍以上 ぼったくり!とまでは言えないが・・・・・
と言うより 巨大エビフライは どちらかと言うと 贅沢な一品 愛知県でも 1800円くらいは当然するので 巨大ホームセンターにある あのお店が圧倒的にコスパがよかったのが実感した そんなお話です

九州名物 資さんうどん!

鹿児島へ防草対策で行った際に 大分あたりで

有名なうどんチェーン 資さんうどん店を見つけておいた
福岡や北九州では店舗数は多いが 鹿児島近隣では数店しかないため 前回行った際も
見つけきれなかったので 今回 行きで国道10号沿いだったので 見つけておき
帰路で立ち寄った

平日 午後1時頃だが 満員状態で すぐには席に呼ばれなかった

ごぼ天うどん 一番人気はこれに肉が入った ごぼ天肉うどんだそうだが
お腹もそれほど空いていないし うどん本来のうまさを確認もしたのでこちらにした

麺は太くて柔らかい・・・と言うより コシもまったくない 噛んでもすぐのどを通りすぎる感じ 九州全般にこの様なうどんが多い
コシのあるシコシコ麺になれた 愛知県民からすると 好みが判れるかもしれないが!
出しはしっかりとアゴ出しが効いて パンチがある しかも 甘い醤油味なのである
自分は九州は宮崎生まれ 小学校2年まで宮崎にいたので 甘い醤油は当然 慣れ親しんでいる 寿司屋で醤油が選べる店がある場合 九州醤油で寿司を楽しんでいる

さて ごぼ天 半分ふやけた状態となっているが これもうまい そして汁にしたっていない上の部分はぱりぱりと香ばしく歯ごたえのある天ぷらとなって うまい!
丸亀製麺で この状態のごぼ天があれば 最高の組み合わせだと 今や愛知県民となった自分は願う!
ごぼ天が5本も乗っていても安いので ソウルフードだと言われる由縁だなと感じた
備え付けの おぼろコンブを出汁いに入れて味変で最後まで楽しんだ!!