GN125Hと鉄カブ忘備録!

60歳に近くなりそろそろ初老の域に達する暇はあるが銭はないしょうもない親父が激安中華バイク スズキGN125Hの中古を手に入れて終の棲家ならぬ終の相棒にすべくせっせとメンテする日々の日記です!

鹿児島帰宅後1週間ぶり軽トラに乗る

6月15日の深夜に鹿児島の家から1300Km運転して やっと帰宅出来た
もうしばらく軽トラには乗りたくね~が本心だ!
なので近所の買い物も含め 軽トラには乗らず1週間

ベンリー50プロで済ませていた ほんと トラウマになるくらい 帰りの1300Kmは精神的に堪えたのであった
で丁度1週間(7日)となる6月22日 梅雨の中の貴重な晴れ間となったので
60km先の倉庫へ 鹿児島で不要になった家財など積んで 午前9時 ゆっくりと
向かった

雲が多いが なんとか夕方までは天気は持ちそうだと天気予報は言っていた

市内より少し高めの郊外のセルフスタンド 172円 少し高くなったのか

冬と春に 桜の咲く 小原の四季桜公園 今は 桜の若葉が生き生きとして 眩しい!

小原トンネル・・・・・お隣の岐阜県に移動!

倉庫で2時間ほど作業して 帰路につくがその前に 御嶽山が見える 道の駅に立ち寄る
噴煙は見えなかったが ひどい災害をだした御嶽山 今は静かだ

鹿児島の桜島もちょくちょく噴火していて こんな長い噴火の煙を吐いていた(霧島市付近) 鹿児島に住みだしたら 地震よりこちらの噴火が気になるな!

土曜日の午後1時の道の駅 相変わらず バイカーが多い
トイレだけ借りて 帰路につく

この道の駅は 駅構内にそば打ち道場があり 蕎麦を押している道の駅で 食堂も
当然 そばオンリーのメニュー 地元産の手打ちではあるが二八蕎麦であるため
10月の新蕎麦が出るころでないと 食味は働かず 食べることは無い
東濃地方だけに蕎麦の名店は多く十割そばでないと さすがに1000円以上出して 食べる気にならない


 麓の町にある うどん屋でカレーうどんを食す

税込930円 15年前 初めて食べた頃は750円だったのが あれよあれよと
値上がりして930円になった

うどん屋だが 正直 このカレーうどん以外のうどんはあまり美味しさを感じない
どうも 腰が強い 丸亀製麺に毒されてしまっのか ゆるい食感の柔らかい麺はしっくり
来ないのだ カレーうどんだと よく絡んでやわらか麺でも大丈夫

九州の資さんうどんも腰が無いうどんで ごぼ天は完璧だが うどんがね~となったのと
同じ理由だ!
あくまでも好みの問題なのであしからず!
その後 片道60kmを走って 市内を通ったら

有人ガソリンスタンド 186円の 大台をたたき出しているスタンドを発見!
九州でも高い所が多かったが 我が街のスタンドも すげ~なと思う
でもだれが給油するのか むっちゃ高いぞ!と思いつつ自宅へ向かうのであった

九州の想いで やまなみハィウエィ

鹿児島へ行きは九州上陸後 大分 宮崎経由 国道10号を使い 大隅半島鹿屋市に
至ったが 帰りは このルート 鹿屋 霧島市巨大ホームセンターAZはやとに立ち寄るためで 霧島市から鹿児島空港経由 国道3号熊本経由 九重連山 九州の一番人気道路 やまなみハィウェイを目指すことになった

本来は熊本市内を通らす 山間の街を経由して距離を縮めたかったが この様な宮崎県側 復旧工事遅延のための通行止め 迂回が3回もあって 諦めて熊本市内を通過後にやまなにハィウェイに至るルートとなった かなり遠まわりだ!

鹿児島も梅雨に入つて天気が不安定だったが 帰路のこの日は 最高に気持ちのよい晴れとなった

熊本県側から やまなみハィウェイに入って 大分県 別府に抜けようとおもった

激坂を昇ると 阿蘇 九重連山が眺望出来た

なんと雄大な風景だ

愛知県だと この様な雄大な風景は少ない

一生の思い出とおじじ記念写真を撮る

火の国と呼ぶにふさわしい風景だ

途中で別府市に向かう様にやまなみハィウェイから分離して 麓に降りてくる
本来は もっと日田市方面に直進すれば 高原道路を堪能できたのかもしれないが
帰路の長距離を考えると 少しでも近道となる こちらの国道を選んだ
でも 麓近くの有名な映えスポットの駐車場に来れた

麓に降りるまでに 側道に多くの車が駐車しており 山菜でも取りに来てるのかと
見ていたら みんな 本格的な登山装備で・・・・・・そうか 九重連山を登山するのかと分かった

なんと象徴的な山々だ!

しばらく高原道路を楽しむ

途中 天然湧き水スポットに出会う

工事の際に湧き出たそうだ

持参した空ペットボトルにありがたく給水する
すこし飲んでみたが 冷たくてまろやかな風味だったが たくさん飲むと
腹を壊すリスクがあるので 一口のみだった

まだまだ 太平洋側 別府市は遠いぞ!

九州で食べた弁当類!

鹿児島県鹿屋市のかなり辺鄙な山奥で出会った 地元sスーパー ガソリンスタンドとちょっとした生鮮 食料品 雑貨など 最近ではあまり見かけなくなった形態のスーパーだ

男の子が大好きな茶色飯だ!

鹿児島近くの一見何屋さんか分からない店舗の弁当屋

九州だけにチキン類はすべからく美味しかった


志布志市近くの漁港の農協Aコープで買った 地元総菜

悔いの無い様に カンパチはたくさん食べた!(愛知県だと中々見ないし カンパチよりブリの方が白身刺身だと多いので)

うどん自動販売機でも購入

自宅の電子レンジで温め 290円でこのレベルは いいね!

こちらの年季の入った店舗もジョイフルだった 今の統一された建物ではなく きっと
創業当時に近い建物かもしれない なにしろ開業地は九州なので

九州のレストランチェーンと言えば ジョイフル 
全国どこでも 塩チキン定食が税込550円で 一食食べれる 最強コスパ飯!


山奥の道駅で 中津と言えばからあげなので 3個入り324円税込み購入

1個がとても大きな唐揚げで衣に味つけされているので うまかったね!

コスパ良く 時間に関係なく食べる事が出来る やよい軒

一番安い定食を頼んで ごはん 無料おかわりを堪能!

まずは しょうが焼き丼!

ねこまんま(味噌汁ぶっかけ)と冷ややっこ

さすが九州なのか 白みそのお味噌汁だったが コクがなかった残念!

腹一杯(と言っても白飯3杯だけど)食べれて730円税込み ありがたい!

忘れてはいけないのは ネットカフェの無料 朝食トーストパン 一気に6枚 通常1袋分を食べて 貧乏旅行の良き味方となってくれた

かっぱ寿司もありがたい回転すし屋だ これだけ食べて640円税込み なにしろ
100円寿しを維持しているのは かっぱ寿司だけとなったているので 特に エビ天ロールは 他の店だとかなり高い値段となっている


他にもいろいろ現地で食べたが 考えてみたら うまかったな としか 後の感想が出て来ないのを考えると やはり旅と食はきっても切れない関係だなと思えた