中華バイク・スズキGN125H奮闘記

60歳に近くなりそろそろ初老の域に達する暇はあるが銭はないしょうもない親父が激安中華バイク スズキGN125Hの中古を手に入れて終の棲家ならぬ終の相棒にすべくせっせとメンテする日々の日記です!

スーパーカブ聖地巡礼 その1

コミック本 スーパーカブ・・・全6巻中 1~5まで読んで6巻は大切な日に取っておきました その6巻 とうとう読んで完結する日が来ましたので報告します!
5月の終盤・・・・ジャンクスクーターレッツ4をとりあえず エンジン始動と走行まで
直せたのを機に ふと・・・・・北杜市のあの聖地を巡礼しないと・・・と思い立ち!
軽トラの荷台に乗せた スクーターを見て・・・・原付で片道250Km近い 聖地 北杜市まで 年老いた61歳のジジィじゃとても乗っていけないな・・・・・でも
快適 軽トラの荷台に近くまで乗せていき 現地で聖地巡礼したら逝けるかもと考えた!

しかも 翌日は晴れていても夜から雨で2日目は完全に大雨情報(愛知県や山梨県も)
長距離ツーリングならとても逝けない工程でも 軽トラなら問題なし!

ゴールデンウィーク中には 放映1周年記念でなにやら 現地では聖地巡礼ブームが再燃していた時期
その期間は逃したが・・・逝かねばならぬと 有言実行した!

工程 愛知県西三河自宅→静岡県由比エリア→甲府市→北杜市→甲府市(宿泊)→北杜市→塩尻→国道19号(アニメ 春を迎えにで通った経路)で木曽福島→中津川→瑞浪市(倉庫のあるエリア→瀬戸市(愛知県)→自宅 想定走行距離500~600Km 1発2日

出発の日は曇り空!風も比較的冷たくて乾いており ツーリングには最適な日だが
軽トラで移動している (これじゃ ツーリングではないとドライブじゃん状態)

明るいがこれでも早朝の5時である 下道 国道オンリーなので 早く出ないと
現地でスクーターに乗れないのだ!

現二バイクでもここからは走れない自動車専用道路(国道1号バイパス)
原付と現二バイクの場合 これらの制約があるが 維持費は安く 軽量で取り回しが楽で
それでいて バイク乗りの気分も味あえる GN125Hくん 素晴らし!でも今回は
原付レッツ4がお供だ!

愛知県から静岡県(湖西市 浜松市)に入る
軽トラなので当然 国道1号バイパスを通り 高速巡行する

道の駅 潮見坂で休憩兼 朝食を食す!

シラス漁船がたくさん出ていた 太平洋

付帯施設の産直市場で高かった玉ねぎ 地物のため安く購入出来た
安く買えて浮いたお金で ハムカツサンドも購入!
旅に出ると なにかと 食欲がわくのであった!

藤枝あたり ここでも現二バイクが走れない区間 

島田エリアかな? ここも現二バイク通行不可(今回は軽トラなので問題なし!)

東名清水インター付近にある 趣味で楽しんでいる カヤックフィシング 忍の故郷
に立ち寄る ここで 忍の艤装パーツや補修部品を購入している(自宅から200Km近い距離なので1年に1回程度しか来れないが 今回はここに立ち寄るのも目的の一つだ!)

7000円程度 散財! でも 最近 まったく釣りに出ていないのでそのお小遣いで購入!

由比エリア ここから 南アルプス方面 山梨県へ国道52号へ進路を変える!

おおむね カーナビのこの画面を1週する工程だ!
すでに200Kmほど走行しているが 走りなれた道で小さいながら軽トラなので
まったく疲れはない これが 現付バイクで来ていらた 相当 体に堪えた距離でもある
若い頃は バイクでどこまでも走ってもワクワクしかなく 長距離を眠らず 休憩せずに
走れたものだが すでに61歳 老いた体は正直で たかだ200Kmでも もうダメ
ヘロヘロだったに違いない

静岡県から山梨県に入る
すこし雲が多くなって小雨となる

道の駅で休憩 ここから 天気が回復した

タケノコ 推しの道の駅   牛どんに見えるが実は 馬肉どんとタケノコだ

普通に美味しい肉だが 牛肉に比べて かなり 噛みごたえのある馬肉であった

十分に休憩をして 山間の道を進む

ものすごく古そうな鉄橋を複数見た さすが超田舎である

象徴的な山並みが見えたきた 甲府市は右側だが 直接北杜市へ行くルートを取る

さて ここはどこ!?(実はすでに北杜市で牧原交差点)

午後3時 スーパーカブのアニメや番宣で有名になった釜無川ポケットパーク到着
明るい感じだがすでに小雨がぱらつきだした

少し休憩してから いよいよ 聖地巡礼開始!
約9時間(休憩も含む)移動距離280Km遠かったが軽トラ(車)なので
まだまだ活動できるよ!


★続きは売アーパーカブ聖地巡礼その2で・・・!!



×

非ログインユーザーとして返信する