GN125Hと鉄カブ忘備録!

60歳に近くなりそろそろ初老の域に達する暇はあるが銭はないしょうもない親父が激安中華バイク スズキGN125Hの中古を手に入れて終の棲家ならぬ終の相棒にすべくせっせとメンテする日々の日記です!

レッツ ネタ!タイヤ編

ジャンクレッツ4 のタイヤ空気漏れ 対策をして それから数日
空気圧は減らなかったので 修理完了となり いよいよ 現行レッツ4へ移植する

ジャッキアップして前輪ホイル事交換

古い方のボルトは固守気味だったので

こんな時のお助けグッズ! ラスペネ 本当に役に立つ 潤滑材です

まだたっぷり ブレーキーシューは残っているので 交換部品として取っておきます

今回 使う ジャンクレッツ4についていたホイルとタイヤ

現行レッツ4に移植 いい感じ!

今今度は 後輪ホイルとタイヤを車体から外します

本当は22番手のメガネレンチがいいのですが 22番手は特殊サイズなので
大き目のモンキーを使います

ブレーキレバーを針金で固定すると後輪タイヤ外しやすいです


マフラーの根元はソケットボルト2本なので六角レンチで外します
固守はなく ゆっくり力を掛ければ ゆるみました

こんなボルトです 昔は普通のナットだったので サビて固守して 角がなめて
外せないことも多かったですが こんな対策がされていました(サビない材質)

マフラー固定のボルト2本を外します こちらも固守はなかったのでスムーズです
マフラーを外さないと ホイルは外せません

後輪のブレーキシューもたっぷりのこっていましたのでこれもキープ
ブレーキシューは ジャンクも現行もまだまだ残りがあり 2~3年は大丈夫かと思われます’(乗る距離によりますが レッツは他の原チャリに比べ エンジンブレーキが勝手に
結構 掛かるので ブレーキ操作も少ないです)

後輪 装着完了!

これが 

溝の残りたっぷり・・・
終了!



×

非ログインユーザーとして返信する