中華バイク・スズキGN125H奮闘記

60歳に近くなりそろそろ初老の域に達する暇はあるが銭はないしょうもない親父が激安中華バイク スズキGN125Hの中古を手に入れて終の棲家ならぬ終の相棒にすべくせっせとメンテする日々の日記です!

手に入れたぜスズキ レッツ2 不動車!

仕事がらみで タダで手に入れました!
スズキ レッツ2 不動車
レッツ2なので相当古いスクーターだね!
不動だが 屋根付き駐輪場で保管 前の所有者が2年前ほど バイクやで中古で手に入れて 半年前くらいに エンジンは掛かるが後輪がロック状態との事で 長らく不動状態となる
で ナンバーを返納してもらい 書類を貰って 当方の住む街で再度 当方の名義でナンバー取得して はれて ワシのスクーターとなる
外観上の状態 結構 目立つのが マフラー全域でマッカッカ|~状態 

前輪タイヤ ツルツル/ヒビヒビ⤴!

後輪は ヒビはあるが山はある状態

カウル類は劣化 汚れ ヒビ割れ ツメ折れ等はあるが 比較的
原型を保っている 
ブレーキレバーツも動きに問題なさそう
まだキーを貰ってないので タンク内のサビとシート内部の状態 2サイクルオイル状態は次回で見てみる


さて 問題の後輪ロック問題 ロックだが前進方向には回る バック方向のみロック状態・・・?

原因を探るため クランクケース(樹脂製)を外してみた
今までボロのスクーターは数台 所有していて この手の作業は
まっ 問題なく進める様になったが 手が真っ黒け!

原因と思われるクラッチユニット手で回してみた・・・・前進OK 行進× クラッチが効いている感じだ!?

ケース内を掃除していて 下の所で なにやらバネを発見 ケース内のどこにもつけるような感じがしない はて?となる
ここで ネットでこのバネを調べると クラッチスプリングとあり
結構 頻繁に寿命が短く 折れるみたいだ クラッチが2個構造とありそのため2本のスプリングである なので 完全にクラッチがつながっている状態と判明した 更に 安価にバネは売っており素人でも簡単にラジペン等でつけることも出来るとあった 
とりあえず 一番の難関であった 後輪ロック状態の原因はつかめた 

だが キーが無いので とにかく ガソリンタンク内部を確認してガソリンを入れて キックで初爆するかを確認しないと 不動エンジンであれば 後輪の駆動系の整備をしても アホ状態となる 
両立スタンドなので 初爆程度であればクラッチがつながった状態でも 大丈夫と勝手に想像している
ちなみち キャブ下のガソリンリリースのねじを緩めても キャブのガソリンが排出されなかったので タンク内が全くカラ状態かもしれない そうなると 吉と出るか凶が出るか全くわからない
タダで貰ったので なぜガソリンが一滴も無い のかと聞くわけにも行かなかったので推測するしかないが・・・・・
どこか燃料系のホースかガスケットからガソリン漏れで無くなったが一番 理にかなった理由かもしれない
そうなると すげ~メンテが大変だ!

また 結構 費用が掛かる バッテリー メンテナンスフリーでなおかつ 汎用型でもなく 新品買うと高そうである
とりあえず 充電器で12時間ほどゆっくり 充電してみよう
それでとりあえずセルが回れば 儲けものだし キックもついているので まっ 無くてもいいのかね!?
2サイクルなので たぶん OKだと 自分に言い聞かせてごまかしている
GN125Hのメンテもあるのに・・・・お手間なバイクが増えて
ちょっと うれし&迷惑な 今日 この頃である


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。