中華バイク・スズキGN125H奮闘記

60歳に近くなりそろそろ初老の域に達する暇はあるが銭はないしょうもない親父が激安中華バイク スズキGN125Hの中古を手に入れて終の棲家ならぬ終の相棒にすべくせっせとメンテする日々の日記です!

秋のショートツーリング!!

立て続けに来た台風が過ぎた当日は 暖かい南風で 秋なのに31度の気温と
湿度70%と不快な日が過ぎた翌日 仕事がキャンセルになり 1日暇となったので
あ~バイク 駆りて~と思い立ち 平日 ショートt-リングを決行した

行先は決めていないが とにかく 秋を感じる 山へ行こうと考えた
その前に カヤック自主練 を昔ししていた川へ様子見に行く
3年間ほど 工事の関係で通れなかったが サップをしている人もいたので
今度 浮いてみようと思うが・・・・・・すでに夏も過ぎ去り・・・・ちょっときついかも・・・・そんなことをおもいつつ 山間部に向かう!

前回 夜間のツーリングでも書いたが 峠で 三河平野を望む!

かすかに見えるが・・・・名古屋の高層ビル(駅周辺)が見て取れた!
秋になり 空気が澄んで見やすくなったかと・・・・
次回は冬に気て 見てみよう!!

記念写真・・・・・相当なポッチャリ体型のおじじ!参上

このルートを通る際はぜったい 食べるワラジ五平餅 350円で食べごたえもあり
他のお店と違い 味噌の味がグンバツに最高である
時間が早かったので店内で名物の鍋は食べれなかった(味噌 もつ煮込み鍋)

今回はとりあえず 奥三河(東三河)山間部をあてもなくツーリング
信号もない山道なのと気温22度 曇り空で快適だ


でも標高が上がると ポツポツと雨が降りやがってテンション⤵
カッパを着る羽目になる

どこぞの廃校を使ったお店・・・・本日 休業日!!
自分の小学校時代もこんな木造校舎だったなと遥か彼方の記憶がよみがえる

俳優で鉄道マニアの六角精児さんの影響で自分も 廃線マニアになりつつある
たぶん橋脚だろうと思う

いい味 出してまんにゃ~!!

対岸はやぶの中だ!?
山間の田舎の原風景や自然の風景を堪能しつつ走る


鳴滝・・・・心地よい瀑布の滝の音が 心地よい!

廃屋マニアにもなりつつある  これらは全て・・・ジジィになった証であろうか!?
廃墟ではあるが 未だ生活感のある風情だ

雨にあたって 気分も下がり 体温も下がったので・・・・そうだ温泉に行こうと
まだ家族があったころ いった湯谷温泉郷の 日帰り温泉に向かった

着いた・・・・

天は我を見捨てたもうた!?
でも道中 もの凄い数ののぼり旗があり大きな看板が必要に オイデマセ~と
誘っていた 日帰り温泉にダメ元で行ってみた!

よかった~ 営業中!

JAF会員証があれば100円引きの600円で入浴OK
しかもごろ寝の出来る大広間もあり お昼時のみとなるがレストランも完備
こじんまりとした温泉だが ぬるめ目の温度でゆったり まったり出来た
温泉でした
ランチは少し贅沢して1260円の 鮎の塩焼き付き 定食にしました

塩焼き うまうまです
でも一番 美味しかったのは?

甘いジャムにしてある梅干しの天ぷらでした
衝撃のうまさ・・・でもこれだけ単品販売は無く 御代わりしたかった一品です

俺 今 観光してるよ!
気軽な休日のツーリングではあるが、ネットで仕事関係を調べないとならない
なのでバイクの荷台にはいつも10インチのノートパソコンとポケットWi-Fiを
積んでいる 食事も終わり丁度いいのでテーブルでWi-Fiを繋いだら
自宅付近では1~3Mしか速度がでないのに・・・・こんな山奥の僻地で
15M以上のスピードが出て サクサクとパソコン業務ができた (感激!)

さて 帰路に着きますかと 違う道で走るがすでに午後3時 こんな田舎でも
通勤渋滞や交通量が多くなる 更に都市部になれば(国道1号)大渋滞は必至!
そう考えて また 山道を通って帰ることにした幸い 雨は上がった

山奥の巨大構造物・・・・これらの産業遺産(まだ現役の設備だが)も気になる
お年頃(おじじ)です

ふと小道をみるとなぜかゲートがある  なぜ・・・??

ここ数年 話題になった サル 鹿 猪 被害の防止のための柵とゲート
ここでは人間が檻(柵)に囲まれて生活してるんですね
自然の脅威はすぐそこに迫っているのを感じた!

雄花(ススキの季語)の群生・・・・・秋ですね!

行きで五平餅を食べた休憩処・・・雨もあがり晴れてきた~
その後 無事 帰宅 本日180Kmのミニツーリングを堪能しました




太古のロマンを求めて!

小牧 犬山 一宮方面へ仕事に行く際 東谷山フルーツパークの
抜け道を使うのだが ここに古墳群があり 駐車スペースもなく
時間的な余裕(仕事の途中)ないため 詳しく調べたり見たりも出来なくて
スルーしていたが 今回 意を決して 行ってみることにした
場所は高蔵寺近くとなる
確か昨年 整備して公開された古墳ミュージアムを目指す

あれ~・・・?? バイクじゃないの? いや 本当はGN125Hで行きたかったのだが
昨日の台風が過ぎた日から 酷暑が襲来して昼間は37度を超えるのでバイクは
さすがにあきらめて 快適なエアコン装備の軽トラで行った(軟弱おじじです)

私目の生まれは九州は宮崎で 西都原古墳群が裏山で 埴輪王国でした
幼い記憶に強烈に武人像 馬 家 など素焼きの埴輪を見ており 小学校の
校庭にも大きな埴輪がある幼少期でした なので大人になり 高さ60Cmの武人像の埴輪を下放にしているくらいです(2万円くらいしましたよ)
なので老人になっても いまだに埴輪ラブです

どうです ベストショットの1枚が撮れました!

宮崎の埴輪とはかなり雰囲気が違う埴輪がありました
こちらの古墳は大和朝廷にそのルーツがあるみたいです

ミュージアムの駐車場からきれいに整備された公園内をうろちょろ
とても暑いですが 日陰では涼しさも感じられます


可愛らしい動物の埴輪もあります その上の物は 後で知りましたが
王様 専用の日よけ傘だそうです

資料館は200円の入場料です 大型プロジェクターを使い 古墳の歴史等を
やさしく上映5分ほどしていました
空調も効いて快適です

ブタかわいっすと見ていたら これはイノシシだそうです

太古のロマンを感じられた日でした



今度は原チヤリで美濃路をトコトコ!

前日はGN125Hで倉庫~関市の道の駅まで 真夏のツーリングをしたが
今日は 不調になって自宅には置けなくなったアクティ軽トラを 倉庫に置くため
原チャリを載せて 倉庫へ行く 片道60Kmほど時間にして1時間30分の距離 一応
問題なく 走行してきたが、毎日仕事で結構な距離を走るため エンジンやアイドリング不調では お客との約束時間に遅れる場合もあり 仕事=プロ=約束を守るを肝に銘じているので 不調な車で運用は出来ない
まだ1年ほど車検は残っているが 山間の倉庫で物置になり果てる予定だ!
さて本日の予定は ここから前日に行った関市の道の駅 むげかわへ原チャリで行くことだ! 目的はズバリ 軽トラを引き取りに行くため
本来はGN125Hを積車して 倉庫まで行きたかったのだが、125ccでもフルサイズのバイクのため 一人で軽トラに積車及び現地で降ろしなど アクシデントのリスクが高く
残りの人生の終の相棒としたバイク 大事に大事にしたくて 下駄代わりの原チャリを載せて来た GNラブである!!

原チャリなので当然だがスピードは出ない 道路の右隅をトロトロ走るのみである
また 大きな国道の場合の右折の場合 2段階右折と言う 厄介な法律に縛られて
3回ほど その2段階右折をした・・・・いまだに何の理由が有ってこんな道路法律作ったんだろうかと不思議でしょうがない
さて倉庫からは目的地は同じであるが、多治見市から関市までは 高規格のパイパス道路が続き GN125Hなら問題なく走破できるが この原チャリではムリだ 緊張を強いられる約30Kmの距離を走る気にもなれない
なので 今回は国道19号線で土岐市まで行き 山間の21号線でのどかなな山間の道路で美濃加茂市へ入り 248号バイパスではなく 古びた美濃路の町中をはしる旧道248号線を原チャリではしった

途中の中華レストランで700円ランチを食す すげ~混んでいて写真を取るのを
忘れたが ホイコーロー定食 アイスコーヒー付はうまかった!
腹も満たしたので また田舎道をひた走る

昨日と同じく ゲリラ雷雨がいつ来てもおかしくない空模様であるが、曇りなので
比較的快適に走行出来た

国道21号線の山間にある道の駅でしばし休憩 やはり原チャリで長く走ると
疲れる 速度が出ないのでいつもの倍の時間も掛かるが 大型トラックがぎりぎり
の感覚で追い越して行かれるのは恐怖を感じる
やつらも ちっこくて ノロノロの原チャリ・・・・チェッ!と舌打ちしているかも
しれないが、日本全国 本当に大型トラックが多い 昔の大型トラックの運チャンは大きなトラックを自在に操れる 特殊技能のドライバーとして 高給取りだったそうだが
それはトラックの数も少なく 鉄道や船より 融通が利いて 高い運賃を払ってでも
運んでもらいたい荷物があったからだと聞いている
今では・・・・・・・大型ドライバーも普通の会社員となりはてて、時間・規則・数々の禁止事項に縛られて・・・・どんな理由でも遅延は許さない風潮の運用がまかり通って・・・・・・毎日同じルートを感動もなく運転している
これは大型ドライバーをディスっているのではなく、大型の機械を操る技能を持つ 運転者を そこら辺の 宅配ドライバーと同じ扱いをして余裕のない運用をさせている世間を嘆いているのだ!
なので大型トラックの気持ちはわかるが やっぱり 後ろにつかれると恐ろしい!
さっさと脇に止まって 抜かせている
なのでGN125Hを手に入れられて 本当の良かったと思う 今日・この頃!

倉庫から2時間ほどで関市内に入る・・・・牛乳も関だ!?

ここまで順調に来たので 関市内のマックで休憩した
20分ほど休憩して残りは10Kmほどだ

倉庫から約3時間で 道の駅 むげかわに到着
GN125Hが1時間30分なので やっぱり 原チャリは倍は掛かる
でも 気軽なスクーターなのでちょっと気になった場所などではすぐに停車出来て
こんな余裕もある

何気ない 風景の中にも 命・・・・を見いだせた!

待ち合わせした方と商談して 原チャリも積載して
さて帰路につきますか!
木曜日なのだが ここの道の駅 なんと・・・定休日だった
ローカルですね!

帰路は関市から多治見市まで248号バイパスを使ったので ラクチン
エアコンもバッチリ聞く軽トラなのであ~涼しくて快適 ルンルンの気分で
家路を走る
まだ明るい内に 自宅に到着
15万円ほど掛かった 軽トラではあるが、70Kmの距離を 快適に運んで
くれた しばらくは これで仕事が出来そうだ!