中華バイク・スズキGN125H奮闘記

60歳に近くなりそろそろ初老の域に達する暇はあるが銭はないしょうもない親父が激安中華バイク スズキGN125Hの中古を手に入れて終の棲家ならぬ終の相棒にすべくせっせとメンテする日々の日記です!

突然エンジン停止のGN125H!

さて 自宅の愛知県西三河地区に帰ってから ちょくちょくバイクに乗ります なんかすげ~楽しいんです!
スクーターの時は たんなる 下駄替わりでなにも感じません
手軽だし 洗車もしないし あっはっは~です!
でも この中華バイク スズキGN125H なんか楽しいんですよ! GN乗りなら たぶん 同じ気持ち?でしょうかね
さて 中華バイクアルアル不具合・・・・エンジン停止??
それが起きたんですよ!
国道23号 いわゆる高規格国道・・・自動車や二輪バイクは通常60Km⤴で走行しますが、まだまだ慣らし必要と言うか それほどスピードも出ない GN125H 法定速度重視で 3車線の一番左側 それも側道に近い側を走り バンバン追い抜かれます!
で信号で停止・・・でいきなりエンジンストップ!!
なんじゃ~と 再始動・・・・エンジンが掛かり なんなのよ!と
信号待ちだし その辺を軽く触った瞬間 エンジン停止!今度はセルでエンジンが再始動出来ません・・・超焦りました!
なのですぐに降車して 歩道へ移動 よかった 先頭でしかも左すみに停車しておいて・・・ もの凄く混雑する夕方の23号でしたので、場合によっては事故も考えられました
で近くのコンビニまで押していき なぜ エンジンが停止したかを推測します
360Kmを15時間掛けて 走行出来たGN125H なので なにか原因があるかと ハンドル周りを見ると スロットルとヘッドライト キルスィッチの有る部分 そこにDカンで小さいマスコットをぶら下げていた その時にデジカメ無いので写真はありませんが。 でどうも キルスィッチに触ったような感じがした でキルを触るときちんとカチット入り 切りはするが 最後の部分でなんだかガタと言うか 遊びがほんの少しだけある
この時点でエンジンは掛からないのでキルスィッチを手前に丁寧に押して セルを掛けたらエンジンが始動した

でなんとか用事も済ませて自宅へ戻った
翌日 きちんと調べてみる

まずはこの部分を疑っているので 分解することに

ほんの少しガタが有るんだよね!
で2本のビスを緩めて バラす

少し端子類にさびがある
6時間以上 雨に濡れ続けたので やっぱり雨に弱いと思われる
CRC556を取りあえず噴霧!

キルスィッチの構造はシンプルで赤いシーソーボタンの横に
端子板がありONの時は2つの端子に触れていて通電 OFFの時は離れて電気が止まって エンジン停止
で指で横方向へ圧を掛けるとほんの少しガタがある と言うか ほんの少しだけでも 2つの端子から端子板が外れてします感じだ!
しかも 接点グリスがすげ~安物感の色で 雨に濡れてヘナヘナした物質に変化していた 

こりゃだめだと思い まずは このクソグリスを パーツクリーナーでしこたま噴射して除去して CRC556を再度 噴射~!!
髪の毛1本くらい分のガタ(遊び)なので なにか 詰める物はないかと思案したら そうだ 弁当のパックのあの透明プラ板が丁度 よさげと思い カットして スキマにビルトIN!!

でもう一度 CRC556を塗布して 組付け

ガタがなくなったので指がキルにあたらなければ OKだが
この部分 スキマがあるのでまた雨が降れば 接点等がさびとかでそうだし 基本 キルを使うことも無いので パテでスキマを埋めるのもありだなと思った
他の方のブログで 突然 ヘッドライトが点かないとかの記事も見たことがあるので たぶん 同じく雨で接点の通電が悪くなったと思われる この辺りやっぱり中華クオリティ なので 雨に弱い=雨で乗るなの図式になるかと
今日はここまで!

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。