中華バイク・スズキGN125H奮闘記

60歳に近くなりそろそろ初老の域に達する暇はあるが銭はないしょうもない親父が激安中華バイク スズキGN125Hの中古を手に入れて終の棲家ならぬ終の相棒にすべくせっせとメンテする日々の日記です!

GN125Hオイル交換

2018年9月に購入して早 2年 1000Kmで手に入れた中古なので
2年間で4600KM 1年に換算すると2300KM 1か月に換算すると190Km
日に換算すると6.4Km 遊びバイクですね!
通勤に使われる場合ですと1年で8000~10000Km程度でしょうから
寿命は早くくるし 整備もひんぱんでしょうね
遊びバイクのため 一番 難易度の高かったフロントフォークオイル漏れによるシール交換以外 純正のバッテリー(すでに12年経過品)もいまだ現役 当然 減らない固い 滑りやすいビジネスタイヤ(サクラ)も交換しておりません
でも オイルだけは頻繁に交換しております
基本1000Km毎ですが、乗らな期間が長い場合は エンジン下部にあるオイル量点検窓のオイルの色で決めます

色も黒くなり 半分程度になっています あまり記憶はないですが、今年は交換しておりませんでした 今年は特に乗らなかったので(夏があまりにも酷暑で夏のツーリングは死にます!)・・・・・
バイクの整備の中でも一番簡単な日曜DIY整備の部類となります
17mmスパナを使って・・・・

ナットを外します ソケットやメガネレンチでなくても 力が必要な個所ではなく
どちらかと言うと 適正な力で締める個所なのでスパナと小さいハンマーで十分です
これを力の掛かる工具で締めあげると ついつち強めに締めすぎてボルトの相手側の薄い鉄板でできた金具の雌ねじをなめるそうです
またオイルシールのリングも1回も変えていませんが、適正に締めれば にじんだり 漏れたりも今の所ないです 安いものですので交換はおすすめはしますが・・・・

距離は乗らなくても 劣化はするもんですね!

前回までは1L 600円程度の安いオイルを使っていましたが ドン・キホーテが近くにできたので 1L 1000円の少しグレードの高いオイルを使いました
オイル容量は850ccとありますが、それよりは入るみたいです
各部の清掃をして オイルの状態を窓から見ます

きれいなオイルが規定量入りました
冬が近くなりましたが これからがバイクシーズン GN125Hと共に楽しみたい季節でもあります

×

非ログインユーザーとして返信する