中華バイク・スズキGN125H奮闘記

60歳に近くなりそろそろ初老の域に達する暇はあるが銭はないしょうもない親父が激安中華バイク スズキGN125Hの中古を手に入れて終の棲家ならぬ終の相棒にすべくせっせとメンテする日々の日記です!

茶臼山パワースポット探訪!

10月5日 午前中の片づけをして すっきりした気分で昼を迎えて!
急に 秋めいてきたこの頃!
愛車GN125Hに乗らなくちゃと思い立つ!
どこへ行こうか!?
いつか行ってみたい所はある それは 長野県にある パワースポット 分杭峠である
ものすごい山の中で 結構 悪路もあるらしい また 恐ろしく距離もあり
長く悩んでいたのだが、 いまいち そのパワースポットである 0磁場と言うのが
信じられないというか その場へ行って 五感で 感じられるのか?
他の方の ツーリングのブログを見ても ま~行ってみては?程度の強いおすすめ感もない
でいろいろ 調べていたら 愛知県と長野県の県境に近い 鳳来寺付近にパワースポットの滝があるようだが 道路から滝まで結構 徒歩であるくそうだ!
正直 歩くのは嫌だな!?と我がままである
別に癒されたいとか なにか痛い所を直したいとかはない ただ パワーを感じられるのか
お手軽に 試せないかと思う次第である!
でさらに調べると 名古屋にある女子高の教授が茶臼山を パワースポットであると言っている(パワースポット=磁場のスポットの解釈)
そういえば あのあたり 母なる愛知県の大河! 矢作川の源流があると聞いていて いつかは行ってみたいと思っていたので 茶臼山を目指すことにした

朝から曇り空で 西の空はどんより でも 東の空は!!

秋の空! 天気予報でも昼からは晴れるとこ事で 出発!
昼間 都市部では26度Cと過ごしやすい気温でも 山はきっと寒いはずだと
防寒服のイージスをサイドバックに忍ばせておいた(後でこれを入れておいてよかったと
思える気温になった)

街では 半袖で余裕であるが・・・・・
矢作川中流域にある堤防道路・・・・

秋らしく 彼岸花(私の故郷では饅頭しゃげ)が咲き誇る!

わしも60歳近いおじじ 彼岸花を見ると お迎えが近くなったなと思うのである
秋も深まると 観光渋滞する 香嵐渓を避けて 稲武へ向かうため 矢作川の上流域まで走
って

ここは小渡 夏 風鈴を街並みにぶら下げて 風流な景色が有名です
ここの町中を通り そこから 山を抜けて 稲武に近い 伊勢神トンネルに向かう

このルートは最近 覚えた道で 途中狭い道路もあるが 基本 車の通りも少なく
渋滞する香嵐渓をパスできる 貴重な道でもある

秋の風情が ここらあたりから 強く感じて快適ツーリング!
午後2時くらいとなり 食欲の秋なので お腹もグ~!?

まだ営業していたので 立ち寄ります

五平餅定食920円税込みをオーダー!!
豊田市~飯田市は昔は中馬街道と呼ばれ 塩の道とも言われるが・・・・・
自分は 五平餅街道と呼んでいる 香嵐渓も五平餅押ししているし その近くの下山地区も五平餅押しの有名なレストランもあり 小さい五平餅ではなく わらじサイズの五平餅が有名で とても うまい
でこのお店も わらじサイズが2本・・・うひょひょ!と喜ぶ
うどんはミニサイズなので 食べきれるぞ!

ショウガが効いててうまいが 下山のわらじ五平餅がやはり一番と思えた!

標高600m近くまで登ってきた 21度Cとかなり低めの気温
夜は相当冷えそうな感じで イージスの出番がありそうだ!

長野県 こんにちわ!?

国道沿いに所々 この様な看板があり 昔の生活道路だと・・・

昔の街道を愛車でパチリ!記念撮影

この細い道が 中馬街道みたい

この時点で午後4時 かなり太陽が水平線に近くなった
もう少しで 目的地の茶臼山だ!
続く!



×

非ログインユーザーとして返信する