中華バイク・スズキGN125H奮闘記

60歳に近くなりそろそろ初老の域に達する暇はあるが銭はないしょうもない親父が激安中華バイク スズキGN125Hの中古を手に入れて終の棲家ならぬ終の相棒にすべくせっせとメンテする日々の日記です!

ちょっとしたこと!

バイクで伊良湖へ釣りに行った際に 100均に寄ってちょっと補修や購入しました
その① クラッチレバーがガタガタする ワイヤーが伸びてがたがたと言うより レバーの付け根がガタガタ状態 で 指でボルトを触ると ナットがゆるゆるになっている 最悪ボルトが走行途中で抜けて 困ることになるかと ナットは当然だがゆるみ止めのついているタイプ 100均で8mmスパナを買い 車載工具のプラスドライバーを使い 締め付けたが 閉めすぎるとレバーの動きが悪くなると判明 8分目くらいの力でとりあえず締めたが・・・・・この日 一日 気が付いたら緩むのでその度 指で締めて 面倒な事が続いた 
帰宅後 ゆるみ留のシールテープで止めてみた まだ テストしていないが これで緩みそうなら ボルトとゆるみ留ナットを新品購入して取り換えようかと思う
やっぱり製造から8年 こんな細かい所で不都合が出るのが中華バイクなんだよね!と納得と言うかあきらめです

その2 斜めにつけた100均ドリンクホルダー やっぱり気になるので 買いなおしたが 強度が必要な部分が華奢な感じが不安を醸し出すが 中華バイクにはマッチしている

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。